新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
普段利用しているサービスをプラットフォームとして、その上に生活に必要なサービスを追加・統合していく活動は、いわゆるスーパーアプリ構想と呼ばれていて、プラットフォームを担える多くの企業が虎視眈々と狙っています。

消費者にとっては、独占でサービス品質が落ちない担保さえされていれば、利便性が高まるだけですので、良いことづくめです。

ただし、業界の垣根が崩れると、これまで専業でサービスを提供してきた企業は存在を脅かされていくことになります。

グラブは東南アジアの話ですが、今後日本でも同様に進んでいく話ですので、各企業はこの環境にどう舵をとるのか選択が迫られている状況にあると認識をしています。
この記事でおやと思ったのは、MAS(シンガポール金融通貨庁)によるネット銀行免許の付与に関する審査の期間が意外と長かったこと。グラブとシングテルによる免許申請は、確か一年くらい前だったと思い出して調べたら、やはり昨年の年末のことだった。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO5399155030122019000000

シンガポール当局の、しかもデジタル領域の事業認可という分野で、この審査期間(個別審査としてみれば)は意外な気もしたが、これは「ネット専業銀行向けの新たな免許制度の創設」であって誰にやらせるか?を含めた検討が行われていたのだと理解し納得した。

シンガポール政府は、この新たな仕組みで、新しい「社会の仕組み」を作ろうとしているのだと思う。そこには、むやみに多数の事業者を参入させ、競争をさせる、というのとは異なる発想が感じられる。21の事業体から6月に14に絞り込み、最終的に選ばれた4つの陣営に何をさせようとしているのか。フォローしていきたいと思う。
「オンラインゲームやネット通販を手掛けるシー」つまりsea社は、NASDAQに上場する時価総額10兆円に迫る、東南アジアでも随一のメガスタートアップ。10兆円とは日本含めても最大時価総額じゃないでしょうか。
シンガポール最大級の銀行であるDBS銀行は時価総額5兆円であり、日本の3メガと同じ時価総額規模だがその2倍の大きさがある。
オンラインゲーム、EC、決済という、コロナ禍で猛烈に追い風になるエンジンを3つもっており、これでもかというくらいポジショニングのよい会社。
小、中規模な銀行ならいくらでも買収出来るパワーがありつつも今回の銀行ライセンス取得となった。金融ビジネスを強化するなら資本調達力は重要なファクターになる。
シンガポールドルもほとんど金利がつかない状況なので少しでも金利をつければどれだけ預金が集まるかわからない。
東南アジアでも勝ち組がますます強大化する流れに。
ちなみにTencentが大株主。
東南アジアのビッグテックSEA社とGrab-シングテル連合、アント、グリーンランドの4社にライセンスが下りた。前者二つは総合フルバンク、後者2つは法人のみだが中国企業。
一方でEZ-Linkつまりシンガポールのパスモのような国民誰もが持っている公営電子決済カード運営母体やTiktokのバイトダンスなどが落ちている。ちなみに日本勢は誰も申請していない。

この審査結果の理由や国家的意図がポイント。
シンガポール金融当局は完全な形のデジタル銀行を2社まで免許を与えるとしていたところ14社から申請があったようです。2枠を見事当てたのがグラブ・シングテル合弁企業とシー。

金融当局によると、テクノロジーを使って銀行口座を持てない人たちへのバンキングサービスを提供できるかどうかといったあたりが審査のポイントだったとのこと。

「富士山を撮影したい」という希望を叶えてあげるために今年の年明け、前夜から田沢湖へお連れしたシングテルのデジタル銀行担当者に今朝メッセージを送ったらとっても嬉しそうでした。

早朝起きて絶好の富士山撮影ポイントでカメラを構えて待ったものの、あいにくの大雪でまったく見えなかったんですよね。コロナが落ち着いたら改めて連れて行ってあげたい♪
他の業態の企業が銀行業務に参入しても、資金決済や融資だけで預金を預かることが出来ない限り「個人、法人の両分野で激しい競争を展開」する「DBSグループ・ホールディングスなどの地場大手」も「米シティグループなどの外国銀行」も、裏方として一定の役割が担えます。プラットフォーマーとして巨大な顧客基盤を持つGoogleやアマゾンが、消費者向けの口座サービスの管理でシティグループ等と協業する方向にあるのはそのためでしょう、たぶん。
ところが、預金業務が出来るとなると、各事業者は不特定多数から資金を預かって自ら管理することが可能になって、伝統的な商業銀行に頼る必要が無くなります。「銀行業界の革新が一段と進みそう」とありますが、展開次第では、金融仲介の要であった商業銀行の消滅に到る可能性だってありそうな・・・ 結構大きな動きであるように感じます (@_@。ウーン
いよいよGrabが銀行業へ。業界マップが入れ替わる気配がします。新業態が広がり、消費者にベネフィットが拡がれば、一気に行くかもしれません。注目したいです。
Grabはスーパーアプリと言われて、配車サービス、Uber Eatsのようなデリバリー、EC機能、旅行・保険機能など備えて、正直今Grab Payばかり使っています。

グラブの幹部は「(支店やATMを持たないことで)浮くコストは顧客に還元したい」と話しており、既存の銀行よりも高い利率を設定する可能性がある。
とコメントとのことで、消費者としては期待したい。ただスーパーアプリの1社寡占だけは政府にコントロールして、公平性・競争だけは担保をお願いしたい。

GrabはMAAS(Mobility as a Service)として発展。キャッシュレス、ダイナミックプライシングの観点からもコロナ時代には必須の機能。GrabやUberのお陰で、世界ではピーク時等で価格が高くなるダイナミックプライシングに違和感を持つ人間は低いと思う。日本でのコロナ対策、発展のためにも期待したいです!

STAY GOLD!!
フルバンク免許はGrab連合、Seaという、リージョナルにマーケットを取れる2社に渡りました。

因みにシンガポールのGrabのアプリでは、少し前からローンサービスも提供されています。現在は既存金融機関との連携のよるサービス提供で、今はCitiのみ対応していますが、2022年以降はGrabバンク(仮称)でのサービス提供も可能になるのかもしれません。
ディスラプターとなる⁉︎