新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中米資本市場についての簡単なFactの整理
①中国企業にとって米国IPOはもはや10%に満たない
・2019年320件中、上海/深圳130、STAR科創板70、
 香港90、米国30
・既に大陸/香港との両天秤が始まっている
②米国上場中の中国概念株のパフォーマンスは直近で米国
 平均をoverperformしている(はず)
・特にTMT/EV
③中国国内の外国人投資家比率は急激に高まっている
・残高ベースで2017年から3倍(1.5%→4.5%)
・香港経由での外国人売買高比率が2%→12%
④中国国内で外資投資銀行の独資進出が相次いでいる

これらを冷静に見ると「単純にdecouplingしています」
と言うよりも、
・ビジネスベースでは中国も色々と手を打っているし
・米国金融もしたたかに、次の利益のタネとしてまだまだ
 中国周りのビジネスチャンスに食らい付いている
 (元々、中国企業の米国上場は中国とウォール街が
  結託して作ったwin-winのスキームであった)
というようなことが見えてくると思います

あまりイメージに振り回されずに、冷静に立ち回りたいものです
米国の監査基準を順守しない限り一部の中国企業の米上場を阻止できる法案を全会一致で可決、あとはトランプ大統領の署名を経て成立する見通しとなりました