新着Pick

“隠れ副業”するメガバンク2年目の男性「コロナで残業できず手取り20万に」

Business Insider Japan
コロナショックで収入不安が高まっている。 2020年の冬のボーナスの支給を決めた企業のうち、2割が「昨年に比べて減額予定」としている企業アンケートもあり、影響は広がり続けている。 たとえ大手企業の社員であっても、収入に不安を感じている人もいる。 入社時、奨学金500万円の返済義務 「メガバンクに一...
139Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
>「生きる上での知識が欲しかったのでメガバンクを志望しました。不動産や保険、税、資産運用、相続など、お金の運用に関する知識をつけるのに銀行は最適だと思いました」

→より重要な「生きる上での知識(スキル)」は、人付き合いなどの処世術やソフトスキルで、メガで良い上司・先輩から叩き込んでもらうことができれば、収入はその後の人生で取り返せる、という考え方もあります。
人気 Picker
そうですね。詳しく論じるのはやめておきますが、就職活動をされている学生さんはぜひ読まれた方がいい記事かと思いました。その真偽はぜひ自分の目で確かめてみてください。
メガバンクの実態がどうなのかはさておき、

もはや、どこか大企業に就職したらそれで一生安泰、とは全く考えられないですね。
私も子供たちに「大企業だから」という理由で就職先を選ばないほうが良いといった話をしたりします(自分が就職活動していた時は・・・忘れました)。あの東京電力でさえ、一度は実質的に破綻していたわけで。
良く言われることで、企業の寿命よりも、人の社会人寿命のほうが長いから。20年以上先の自分の会社がどうなっているかなんて、誰にも分らない。

かといって、若い人が焦って資格取得に走ったりするのもどうなのかなと思います。その資格も20年先に必要とされているかわからない。

そうなると、少しでも「この仕事に興味がありそう」「やってみたい」「自分にもできそう」という仕事を見つけるのがいいよ、という安直な答えになりそうです。
手取り20万円、、、今の若い人たちにとって40代になれば給料あがってくると言われたところで、20年後にガラパゴスな日本の銀行はメガですらどうなっているか全く分からないし、モチベーション維持するのは困難だろうな
メガバンクの給料は入社7~8年目くらいでグンと上がってそこからが勝負、というイメージを持っているんですが・・・ 銀行に限らず、伝統的な日本の企業の学卒の初任給が20万円台前半になってから一体何年経つことか。たぶん10年やそこらではききません。かなりの程度まで年功序列の給与体系ゆえですが、そろそろ本気でなんとかしないと、優秀な人材が日本企業の手から零れ落ちてしまうかも。 (・・;
変化の激しい時代なので、働く上で何を重視するか、一緒に働く仲間なのか、業務内容なのか、給料なのか。簡単ではありませんが、自分の選択を正解にしていく事が必要だと思います。
嘘やろと思って試しにみずほ銀行の初任給をみたら20.5万円と書かれていました。
https://www.mizuho-fg.co.jp/saiyou/recruit/employ/index.html

だとすると時給大体1200円。
残業代と法定控除で手取り20万円も、まあ不思議ではないか。

賞与の割合が大きいと時給単価が下がるので、要注意です。

ちなみに「寮費が2万円」これは相当既得権だと思いますよ。
2年目から住民税も天引きされますからね。

ただ、記事に出てくる方のように、金融の勉強のために銀行に就職したのなら、「勉強しながらお金も貰える」のは御の字では。給料が多少良くても、自身の成長に繋がらない仕事ばかりだと辛いと思います。
当事者に聞くと、副業容認とはいえいろいろと制約があるようですから、隠れ副業になるのでしょう。
今やサラリーマンはいつどうなるかわからないことを思い知らされた1年だったと思います。

従業員としての雇用収入のみでなく、個人事業として仕事(=副業)を持つよう意識を変えなければと感じます。

私は、企業では組織ならではの経験が積め、個人事業では自主的に動くことによる希少性の高いスキルの向上が見込めると思ってます。

サラリーマンと副業のバランスをとり、相乗効果を生み出すことが効果的かなと思い、行動しております。
1年目から2年目ってなんのイベントもないので給与もそんなに上がらないし、残業しなかったらそんなもんかなぁって実感値。独身寮が1万とか2万とかなのでまぁ普通の生活はできますけどね。いわゆる福利厚生みたいなのは厚いですが、そういうのに魅力を感じる人がどれくらいいるのかね…