新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
近未来に、指数関数的に人工知能が発展する可能性は否定できませんが、ゴールを明確に数値化出来て、達成に必要なデータをきれいに揃えることができる領域は限定されています。

この10年で言えば、人間でなければ遂行できないことは、まだまだ溢れているはずです。

ただしロナの影響もありますし環境変化は必然なので、今までと同じ仕事があり続けるわけではないです。サービス業の形もよりデジタル化されるでしょうし、新しい分野での挑戦を強いられるケースは増えるはずです。

学習コストを嫌わずに摩擦を乗り越える姿勢が重要になりそうです。
「大失業時代」というキーワードはミスリードかな、と思います。
当然、特定の業種・職種について、AIなどのデジタルに置き換わるものもあると思いますが、「日本の労働人口の絶対数の減少」と「新たに生まれる需要」を勘案すると、結果としては「数」という意味では現状維持に落ち着くのではないでしょうか。

多くのクライアントが、今回のコロナによるデジタル化は、「既存の潮流が加速した」という印象で、想定外の方向にデジタル化が動いた、という印象ではないようです(私もそのように感じています)。

「産業構造の変化」は、コロナ前から
・製造業:モノづくり自体へのロボティクスの活用。「モノ」づくりから、IoTで収集した「データ」を活用するビジネスへの転換
・金融:ブロックチェーンやAIの活用による存在意義の見直し
・弁護士・会計士・コンサルタント:単純なリサーチ・分析作業のデジタルへの置き換わり。価値の出し方の転換
・中間流通:付加価値を提供出来ない場合、淘汰
というように、既存の構造変化は始まっていました。

そういった「デジタルが出来ること」を理解した上で、人間である自分は社会に対してどんなvalueを出せるのか、valueを出し続けられる産業や職種は何か、を考えていくことが、こういった「大失業」のような言葉に巻き込まれないようにする上で、重要かと思っています。
確実に時代は動いいていて、過去の産業革命と同様、技術革新や自動化によって必要とされる仕事が変わってきています。社会全体の痛みを抑えるためには、必要とされる仕事に必要なスキルをより多くの人が迅速にが得ることができる仕組みを作ること。特にHuman Careの分野は世界でも人不足です。企業も行政もアカデミアも、人々が迅速に持続的にリスキリングできる環境作りに注力することを期待します。
大失業時代は 悲観的すぎる。 もちろん人よりテクノロジーのという職種も多いだろう。 一方で人だから価値を生む仕事もあるしこれから作られるだろう。
要は自分がどんなスキルを持ちどのような職業を選ぶかではいか?
悲観する必要は全く無いと思う。"無くなる仕事"は、今まで人間に対応することを強いられていただけであり、"代替手段"が無かっただけのこと。ツマラナイ仕事からの解放という側面を見逃してはならない。加えて、これから生まれる仕事も沢山あることを正しく認識したい。世の中の潮流を意識しつつも、未だ解決できていない積年の課題に目を向けたい。人生100年時代となりつつある現在、培った自身のスキルの賞味期限の短命化は避けられない事実を直視したい。RESKILLINGは、例外なく、これからの共通課題になる。"市場原理"を自身が保有するスキルに照らし合わせて賞味期限を意識した行動が求められると思う。
その結果、二極化そして社会分断は進むかもしれません。

ただし、社会制度がそれを許さず均一平準的な
法施策になるような気がするので、
富裕層も困窮層も何かしらの不満やストレスが
蔓延する世の中になるような気がします。
需要を喚起するだけではなく、第四次産業革命に向けた欧州の積極的労働市場政策のような就業転換支援なども必要になってくるでしょう。
コロナの影響といっても、いろんな要因があると思いますが、大きいのは人々と企業の価値観の変化ではないかなと思います。

毎朝決まった時間にオフィスに向かい、夜遅くまで働いた後に飲んで帰るという当たり前の光景が失われるなど、これまでの常識が一気に覆りました。

また以前から先進的な取り組みだと言われていたもの例えば在宅勤務や副業、そして企業のDXなど今や多くの人が関心を示し、実際に実行しています。

確かに失われる職もあると思いますが、オンラインのサービスなど新たな需要はかなり生まれていると思いますので、そういったお仕事に移行できるかがポイントにはなりそうです。
なくなる仕事もあれば、新たに生まれる仕事もある…はまったくそのとおりでそのために時代のニーズにそった学び直し/リスキリングの機会が必要になります。人よりテクノロジー…も一面ではそうなのですが、人と言ったときに雇用の枠組みだけで検討するのではなく、フリーランス人材の登用をふくめぜひ幅広い選択肢を視野に入れていただきたいです。
タンパク質構造解析屋さんもDeepMindのせいで大量失業
バイオテックもテクノロジーなのにー

https://newspicks.com/news/5429846/
関連記事一覧
「朝から集中できる人」が寝る前にやっている事
東洋経済オンライン
1420Picks

テレワークしている人、していない人 時間の価値にどのような違い?
ITmedia ビジネスオンライン
590Picks

同じことをして「楽しめる人、楽しめない人」たった1つの思考の違い
Diamond Online
449Picks

「悩みがない人」は普段どんな考え方をしているのか
Diamond Online
404Picks

「5月病」予備軍を放置してはいけない!「メンタルが弱っている人」を見抜く2つの質問
マネー現代
135Picks

準備しておかないと危ない! 在宅シフトでこれから働く日本人に起こる意外な大変化3つ - 職住境界が曖昧になって起こること
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
64Picks

シリコンバレーに人は戻ってくるのか
World Voice 現地発・新世代ブロガーがつくるプラットフォーム
27Picks

Amazonジェフ・ベゾスが実践! 「プレゼンが上手い人」に騙されない唯一の方法 - ワークハック大全
Diamond Online
25Picks

テレワークであぶり出された「仕事ができない人」のダメなところって何?
LIMO
13Picks

ダメと言われても「夜の街」に繰り出す人は何を考えているのか - 「コロナ疲れ」「コロナうつ」は当然だ
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
10Picks