新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「商販を知っている人間がECを学んだ方が早いということがわかった」というのは間違いありません。とは言え、これが通用するのはフロントサイド(売り方、MD、集客)などで、システム開発が伴うようなCの専門領域になると、キャッチアップ力がずば抜けていないと難しいのも事実です。
まだまだ専門家のラベルが細かくないので、外部に関しても人選が重要ですね。
消費財意外で人の関与度の高い(要は接客を伴うような)商品は今後7割経済を覚悟しておいた方が良い。そこで今までのような待っていてお客様が店頭に来ることはなくなるので店頭のスタッフの人員というのは経営から見ると当然少なくしてゆく。のですが、店員さんの働き方はデジタル化してゆくことによってグッと変わってゆきます。既に店頭の販売員が自分のコーディネートを撮ったり、店の裏でLINEで顧客を接客したりとやり方は相当変わって行きます。
接点が変わるのと頻度が増えるので、今まで以上に顧客とは信頼を会社、個人レベルで高める必要がありそれは再現性を作れるかが鍵です。
百貨店品質の販売ができる人が、EC人材には居ない。
もしくは、百貨店流のおもてなしが、効率やKOI重視のEC人材には理解できない。
ということでしょうか。
株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
2,977 億円

業績