新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メディアというのは上げた分だけ絶対に落とす。落としすぎると上げる。そしてまた落とす。以下同文。ソニーもパナソニックも、こうした本質的では全く無い報道のされ方にもう嫌気がさしていることでしょう。

だからといって、名古屋の会社のようにお抱えメディアを作ればいいとは思わないが、投資家と真剣勝負しているような企業について、メディアもその気でもう少し勉強して、然るべき記事を書いてほしい。それがメディアの存在意義でもあると思うのだが。
記事の分析は表層的で、印象論を抜け出せていない気がします。ただ、こういった問題に対して簡単な答えがあるとは思えませんからやむを得ないのかもしれません。
記事に出てくる日立やSONYは事業間をつなぐ仕組みを構築することに注力してきたと思います。とりわけ日立はルマーダという一つの軸が出来たことが大きいですし、SONYは事業間の繋がりがストリンガーさんの時代から手掛けてきたコンテンツ事業と生み出されて来ているし、プレイステーションの好調も後押ししています。今後シナジーを発揮するサービスや製品が次々と出てくることが続けば、かなり期待できると思います。
パナソニックはそれに比して、あまり独自性が見えません。事業間をつないで価値を発揮する次の軸も見えませんし、新規事業開発も成果がまだ見えてきません。これからなのかも知れませんが、次期社長にこの点は期待しています。
なお、こうした問題は、実際表に出てくるものと、背後にある問題が別だったりするので、さらなる深堀りが知りたいところです。
あまり意味のない分析のように見えます。時価総額は、時価総額、それ以上でも、それ以下でもありません。

それだけを引き合いに出して、良い悪いを論じることは意味はありません。

パナソニックがダメで、ソニーがよいのか?その理由はどこにあるのか?全く分析がなされていません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
3.06 兆円

業績

業績