新着Pick
436Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ関係なく、総論リアル店舗はお正月くらい休んだ方が良い。

また「計画的」な買物と言われれば、言われるほど、オンライン購買へと消費者はシフトする。つまり物流は大変になります。

これからは物流業の働き方改革や労働環境改善にさらに注目が集まるでしょうね。
今年はコロナが特需となって例年よりも収益を高めたスーパーも多いので、正月休んでもプラスが出る背景からも環境整備の一貫として休む選択が取られるケースもあります。
全員で同じ時期に休みを取ること自体が異常だと思わない方がすごいと私は感じてしまいますけどね。
そもそも三が日にお店を開ける方がおかしいと考えている派なので、この動きは良いと思います。ただ、平日とはいえ年明け4日の混雑対策に頭を悩ませるのではないでしょうか。
あまり、日本は海外は、という論調をするのは好きではないのだけれど、このコンビニを含む商店や飲食店などの営業時間問題だけは日本は異常だ、海外を見て、という話をしたい。

海外に行った時に、20時には真っ暗です、週末は閑散としてます、という国はそれはそれで不便だが、慣れればそんなものか、となる。

一部の夜が賑やかな繁華街のある東南アジアの国などは、午後の暑い時間帯にあまりアクティブではなかったりするから夜に活動が寄っているという理由があると思うし、あらゆる生活スタイルの市民の最大公約数的に動く日本は大変な国だといつも感じる。
コロナ自粛のおかげで、計画的に買い物をする習慣が付いた方々も多いのではないでしょうか?
→私もその一人

3月頃からスーパーは本当に大変だったと思います。
お正月くらいゆっくり休んでください…と言いたいですね。
もともと年始にはお店が開いていなかったはず。この期間、買い物せずに家族でつつがなく過ごすために、歳末の買い出しやおせち料理などがあったのだと思います。年始は休業していただいたほうが、お正月らしくていいと思います。
昔は年始はどのお店も閉まっているのが通常でした。改悪というよりもこれまでが顧客に寄りすぎていた(過剰サービスだった)と割り切るしかないですね。
元々、24時間営業とか正月も通常営業とか働いている人に無理を強いる営業スタイルに無理があったのだと思います。

利便性の名の下に何でもやると際限ありません。コロナに関係なく休んでもいいのではないでしょうか。
若い頃、ある朝、起きて食べ物を買いに出ると、スーパーも含めて近所の全ての店が閉まっていた。元旦だということを忘れていたのだ。昔は、そんなものだった。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア