新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
World Robot Summit 2018で、東芝と名城大学のチームは、
優勝しています。

これは、研究者が時間外で数ヶ月で作ったロボットでした。
ロボットそのものは、買い物で、勝因はAI技術にありました。

https://www.toshiba.co.jp/about/press/2018_10/tp_j2601.htm


現在社内のロボットプロジェクトが有り、次々と商品化を
企画しております。

これは、その企画の一つです。
現在アメリカでも、ロボット活用の最先端部分がこれ。まだスループットが低いことが多く、また形の違う荷物を落とさないようにうまく持ち上げる技術もいろいろ研究されていますがまだ完成度は高くないので、前後工程の仕組みをうまく使ってどこまでコスト優位が出るか、とても興味あります。
プレスリリースは見当たらないが…乱雑なものを認識できることはファーストステップ。一方で乱雑に認識した後に取り扱うためには、その後のピッキングも重要。あとはどういう状態での「乱雑さ」なのかにもよる。
MUJINなどとも重なる領域?MUJINについては下記①が分かりやすく、またファストリとも提携している(②)
https://newspicks.com/news/3736667
https://newspicks.com/news/4388188
いわゆるpicking問題ですね。部品レベルの小さな物体の種類・姿勢を見分ける画像認識AIは長年研究されてきました。一定の条件下ではかなり高精度で認識できるようです。

しかし、部品と異なり、掴み損ねると破損等の事故につながる物流の世界では、精度が厳しく問われます。また、照明条件が様々だったり、予期せぬ未知物体が紛れ込むこともあります。その意味でとても難しいチャレンジングな問題です。

自動運転等で物流全体を自動化するのが最終目的ですが、まずは自動化倉庫の荷捌きなどで、少しずつ自動化範囲を広げてゆくのが現実的と思います。
わかってるんですが、片付けるのがメンドクサイんですよねぇ
認識した後、掴めるのかな
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.34 兆円

業績