新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分の存在意義を他者の視点から感じたいという欲求が根本的に人間は年齢によらずあると思うけど、その割合が若ければ若いほどあるし職場以外での確立されたソーシャルな帰属集団がない若い人は、職場で周りに求めるものが多くなる。

歳を重ねて、家庭を持ったりすると、家庭における子どもやパートナーへの思いや家庭内の色々なタスクがあまりにも大きいと、仕事はどれだけ効率的に効果的に行えるかというアウトプットへの意識が集中してくる。
仕事に対しては出来るだけ言語化され明確なアウトプットとそのために必要な手続きが分かり易ければわかりやすいほどいい、となってくる人が多いかな、と。

これからリモートワークが主流になる中で
若い人をどうマネジメントしていくのか
若い人の採用をどうしていくのかは
多くの経営者が経営判断として真剣に考えていくことだと思う。

その時は会社がそれぞれのキャパシティと戦略を冷静にみながら
考えていくことになるだろう。
コロナ渦の中、特に新入社員の皆さんは横のつながりがなかなか作れず、わからないことがあっても、リモートワークですと、なかなか周囲の先輩にきいていいものかどうか、色々考えてしまうような難しさに直面した年だったと思います。
ちょっとした横の繋がりで、サポートしあえる人と人との繋がり、助け合い、こういったものがあるかどうかで安心感も違いますよね。目標設定や今の出来ていること、理解できていないこと、こういった内容を把握するのに1on1を実施したり、メンタリングしたりとあらゆるコラボレーションツールを通じて、デジタルテクノロジーを積極的に使い、人と繋がることが大事だと感じます。どれだけフォローできているか、周囲は意識していく必要がありますね。
良くも悪くも、上司や先輩、同僚は我が身の「教師」かと思います。
「ああなりたい!」と思わせてくれる人も「ああはなりたくない!」と思う人もいるからこそ、自分を相対化できるのが会社という社会の良いところだと思います。
我々中年は、すでに仕事を行う上での繋がりという「財産」がありますが、コロナショックでそうした財産がない若い人ほど、大変な目に遭っているし、また財産を築けないでいます。大変だと思います。リモートには限界があります。
リモートワークの課題は、情報収集や共有、社内人間関係構築のためのコミュニケーション不足。新入社員は、社会人教育や会社組織・業務への理解等、基礎的な部分でのフォローが必要なので、厳しい状況ですね。

社歴のある程度ある社員なら、人間関係が社内で出来ているので乗り切れるが、新卒社員では厳しい。後、同期との横の繋がりもあ利、人事部も集合研修が出来ないで困っている。


当面は;
リモートでのメンター制度を充実させる
先輩社員を付けて暗黙知含めた社内の情報をリモートで相談・共有させる
社員がアクセスできる人材データベースを充実させる
オフイスでのコミュニケーションスペースを拡張し、たまの出社時での場を設ける

会社側が、勤務形態だけでなく、従業員コミュニケーションへの仕組み作りに取り組む必要性をひしひしと感じます。
家庭では、コロナ禍のテレワークで奥さんだけストレス増加なんて調査結果もあります。
「成長イメージが描きづらく、キャリア形成への不安が強い」
「自分の役割や周囲からの期待値が良く分からない」
「ナナメ・ヨコの接点やサポートの希薄化」
意外。
マネジメント難易度が格段に上がり、ITリテラシーが必須となったため、中間管理職のストレスが最も上がっていると思いました。実際は若手に丸投げすることで、中間管理職は依然としてラクをしてる証左
職場や業界で、メンターや先輩、同僚も含めて、活動するために十分なネットワーク(人脈)をもっている年代は、ZOOMなどを使うだけですが、それを持っていない年代は辛いですよね…

私は3年間シリコンバレーに赴任していましたが、新型コロナウィルスは最後の半年だったので、特に深刻な影響はなかったのですが、赴任して、すぐに新型コロナウィルスの渦中になった方々は、本当に大変そうでした。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,134 億円

業績