新着Pick
1920Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年6月に香港で国家安全維持法が成立すると、世界中で「次は台湾が狙われる」と囁かれました。歴史的にも地理的にも、中国が台湾を手中に収めたいのは明白です。

ただし、台湾には米国がどうしても守り抜きたい重要企業があり、もし中国が軍事行動に出ようものなら、米国が全力で応戦すると想定されます。半導体の製造技術で世界最先端をひた走るTSMCはまさに、台湾を守る盾のような存在です。

本日はそのTSMCについて、歴史や強み、そして米中での取り合いの経緯を丁寧にまとめました。時価総額にして46兆円、世界で12番目に評価が高い企業ながら、日本語の資料は非常に少なく、試行錯誤しながら作成しました。ぜひご一読ください。
TSMCは半導体業界の超キープレーヤーでなくてはならない存在です。半導体業界に関わったことがある人でないとあまり知られた存在ではないですが、非常によく纏まっています。

半導体のサプライチェーンにおいて、設計図とそれに使うコンポーネントの選別はものすごい利権です。それが大きするからこそ、ファンウドリー事業のポテンシャルが大きかったというカラクリも記載されています。

もう何年も前から、ファンウドリーの影響力は増大しています。設計やコンポーネントの選定でも影響力が出てきています。これは恐るべき影響力の証です。


台湾は日本よりも小さな島国ですが、TSMCとフォックスコンという巨人を生み出しています。時価総額の観点では、台湾のトップ企業がトヨタを超えています。同様のことは韓国でも起きていてサムソンは30兆円でトヨタより大きいです。サムソンも半導体が主力です。

前回もコメントしましたが、半導体はかつて日本がリードしていました。この業界を取るにはMAや合従連衡、ビジネスモデルの転換が必須だったのですが、どれも日本企業は苦手で勝ちきれませんでした。非常に残念ですが、この失敗から学びこれからの領域では世界をとってトヨタ超えを果たす企業が出てきて欲しいものです。
TSMCについて分かりやすい。
TSMCそのものである創業者のモーリス・チャン氏は、日本の半導体の黄金期の80年代後半にTSMCを創業した。①は退任時の日経のインタビューだが、半導体に限らず日本の産業・雇用構造の課題を端的に指摘していると思う。ほかには②、③も歴史文脈では興味がある方は併せてご参照いただきたい。
なお、TSMCはHuawei(HiSilicon)含めて、中国は極めて重要な顧客。南京にも工場を建設している。そのなかで2015年にはTsinghua(紫光)など中国系投資企業からの投資受け入れも検討されていた(④)。たしかTSMCにはDoneしなかったはずだが、そうなっていたら現状はもっと複雑になっていただろう。紫光については国策企業だが、最近は債務不履行含めて気になっている(⑤)。
https://newspicks.com/news/2542924
https://newspicks.com/news/2572004
https://newspicks.com/news/3080611
https://newspicks.com/news/1249583
https://newspicks.com/news/5398029
まぁTSMCは10年以上前から半導体生産の王者だし、良く知られている存在なんだけどね。微細化の何nmの数字は結構ブランディングの部分もあって、Intelの10nmは技術的にはTSMCの7nmに相当します。なので微細化でIntel10nmでTSMC5nmって半分じゃんって程の差ではありません。ただIntelが遅れ始めているのは事実で、これからますます差がつくであろうと思われる。

TSMCの強さは最先端だけではありません。世代遅れの14nmや28nmとかそれ以上に古いラインもほぼフル稼働し続けます。全ての半導体が最先端の微細化を必要とする訳ではないので、それにあった製品を受注してくる。こういう古い製造ラインからもキャッシュを稼ぎ続けることがTSMCの再投資余力をより一層高めている。

Foundry化が進んでいるのはCPUやGPUなどのいわゆるロジック半導体だけです。ロジックは半導体の全生産量では1/3ほど。NANDやDRAMのメモリーやアナログ半導体はまだまだIDMが主流です。メモリーは恐らく変わらないが、アナログ半導体は少しづつFoundry化が進むかもしれない。
台湾というと、EMS世界最大手のFoxconnの方が一般的にはどちらかというと有名(Foxconnは2016年にシャープを買収)なイメージが強かったですが、時価総額でいえばその数倍を誇り、今や米中テクノロジー冷戦のキープレーヤーになったTSMCにスポットライト。前回に続き、Newspicksらしいわかりやすい記事。

製造のみに徹する黒子のファウンドリ企業としてなかなか面にでることがないですが、素晴らしい優良企業ですね。これが国策でつくられ・育てられていったというのもこれからの日本にとっては示唆的(たとえば韓国でいえば、サムスンとかはそのポジションに近いのかなと)。

バイデンに政権交代したとしても、米中のテクノロジー冷戦自体はしばらく続いていくでしょうし、世界経済を左右しかねないその行く末を見定めていく中で、今後の動向に目が話せない企業ですね。
TSMCの設立当時の話までは理解していませんでしたので勉強になります。続きの中国内製化の話題も楽しみにしております。


半導体の製造設備はそう簡単に導入できるものではなく、このような勢力図になる一因になっているのは記事の通り。特に、回路パターンをウエハ(正確にはレジスト)に焼き付ける露光機がとても高価なものであることは有名です。
下記 去年の記事で話題自体は新しくないですが、冒頭で露光機の価格について言及されています。馴染みのない方はびっくりするかも。
https://biz-journal.jp/2019/11/post_126627.html/amp

ちなみに露光機ですが、品川のニコンミュージアムに実機が展示してあります。どの線幅向けのものだったか失念しましたが、興味ある方はぜひ。
韓国もそうですが台湾も小国なので小国ならではの産業振興策と先見の明を持った強いリーダーによって築かれた偉大な企業の存在が際立っていますよね。

かつて世界を席巻するも日米交渉をきっかけに骨抜きにされて弱体化した日の丸半導体とこれほどまでに強くなったTSMCとは何が決定的に違うのかに関心がありました。

日本企業固有の弱みもありますが、TSMCは世界中のメーカーのサプライチェーンに組み込まれ、共存共栄できる独自のポジション(ファウンドリ)を築いたことが根本的な要因だったわけですよね。

半導体とは全然畑が違いますが、台湾では自転車のジャイアントやメリダも世界中の自転車メーカーのOEM生産を受けていて圧倒的な強みを持っています。

両社の場合は自社ブランドも製造販売していますが、世界の工場になっていることで技術が蓄積、とってもコスパのよりプロダクトになっています。
ファブレスとファウンドリで役割を明確にし、ファウンドリに集中したことが成功要因。なるほどよくわかりました。日本企業のほとんどは垂直統合型です。製造に特化したがゆえに、技術にエッジがたったわけですね。
ニュースでよく聞く台湾の半導体製造メーカー、TSMC。その強さの秘密や、米中が取り合う経緯など分かりやすくまとまっています。
良記事。
10年以上まえからTSMCは驚異的な企業だと思っていましたが、更に驚異的な企業に変貌している。当時の私の判断が甘かった。

将来的に中国共産党が台湾ごと中国に取り込んでしまうんじゃないかと心配しています。杞憂?
この連載について
2020年の産業界は、半導体の年だった。米中の間では、半導体をめぐって覇権争いが繰り広げられ、巨大企業の大型買収も相次いだ。しかし一方で、半導体についてしっかりと理解している人は少ない。NewsPicksが現代の必須教養である半導体を、世界一わかりやすく解説する。

業績