新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以下のサイトで詳細な記載が閲覧できます。

前輪のサスペンションのストロークと、ホイールアーチとの間隔の話で、場合によって接触するようですね。経年変化の要素もあるのかもしれません。

低速で大きな段差を乗り越えたり、中国国内で悪路を走行した時などに発生すると思われます。

2016年にも似たような調査があり、そこでは問題なしと判断されているようですね。

https://electrek.co/2020/11/27/tesla-under-nhtsa-scrutiny-over-model-s-x-suspension-disputing-recall/

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
フロントサスペンションの取り付け部ブッシュの強度不足により、タイヤがホイールアーチ(ボディパネルのフチ)に接触するみたい。

モデルSやXのフロントサスは丈夫な上下Aアームのダブルウィッシュボーン式。
最近流行りの華奢な分割アームマルチリンク式ならブッシュの強度や設計が難しいが、モデルSやXのは単純。汎用品でもいい。

なもんで、ブッシュのせいじゃないと思います。

元々テスラ各車はタイヤをパネルとツライチになる位外に出してる上、組み付け精度が悪過ぎるからタイヤがパネルに当たってしまった。

そんな所でしょう。
保有台数が増えるとともにクルマメーカーとしての存在感と責任が増してきます。不具合が現認されているなら、しっかり対策してユーザーの不安を取り除き、これを次への教訓として欲しいものです。
2019年辺りからネットで話題になってた点と同じ気がします。

まずフロントサスペンションから異音がし始めるそう。
フロントのダブルウィッシュボーンのアッパーアームのボールジョイントの油が減って
異音が先に発生し、最後は破断する可能性が有ると。
車高調整機能で下げすぎると当たるってことですかね
対象となるのは2015─17年型の「モデルS」と2016─17年型の「モデルX」とのこと