新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
耐震強度が高い格納容器を採用するなど、部品の国産化率は8割以上との報道もあります。特に格納容器は強い圧がかかることから、継ぎ目のない強い鋼材が求められます。

東日本大震災までは、日本製の格納容器が世界的なシェアの半数以上を占め、最も品質がよいとされてきました。製鉄技術の伝統とノウハウ、特に刀の鍛治の歴史に支えられてきた背景があります。

高速鉄道同様、部品の細部に至るまで国産化を進める中国の原発輸出政策が加速すると思いますが、安全管理の技術がどこまでカバーされているか、その点も注視したいと思います。
世界の廃炉数と新規建設の数を比較してみると、
廃炉の数が圧倒的に多い。
原発が発電における比率を見ると、中国は4.2%で、日本は6.2%。
でもやはり中国も新しい原発の建設を辞めてほしい。
中国の原発が増えれば、事故が起こったときに有害物質が日本に飛ばされてくる可能性が高まります。

毎年のように「黄砂」が飛んでくるように。

このような地理的状況を斟酌すると、「阿蘇山が噴火したら」などという国内事情だけで原発の稼働の可否を決めるのがいかにナンセンスか理解できます。

発電効率がよく、化石燃料を使わない原発。

現状では、エネルギーミックスの一つの選択肢としてなくすことはできなのでしょうね〜。
どこの国でも同じですが、「設計」が良くても「施工」に難があると、後に問題になります。

どこまで正確に管理されているかわかりませんが、正しい施工であることを願います。

これだけ原子炉を運行していると、使用済み核燃料は、どのように処理しているか…少し気になります。

あと、万が一、大きな事故が発生したりすると、偏西風の影響で、中国の東側、つまり日本などは、かなりの被害を覚悟しないといけないことは、認識しておくべきことかもしれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
恥ずかしながら、これまで中国が自力で原子炉を作れなかったことを知りませんでした、、、しかし他の産業技術と同じようにこれから急速に発達するんでしょうね。原発に対する生理的嫌悪から逃れられない日本は、せっかく世界最高レベルの技術を持ちながら、それを未来に繋げることができないんでしょうね。残念です。
これは日本にとって、いや世界にとってリスクですね。。。
事故が起きても隠蔽しそうだし。。怖い。。
中国初の国産原子炉「華竜1号」が稼働。「華竜1号」は第三世代原子炉で、出力100万Kw級とのこと。

中国の原子力開発についてこんなものを見つけた...
平成29年度原子力の利用状況等に関する調査
(中国における原子力発電事業及び政策動向等に関する調査)
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H29FY/010400.pdf
コワイ