新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ルール形成がとても難しそうですね

成長と変化に寛容的でありながら、安全を保障する柔軟なルールが求められます。
もしくはルールも時代に合わせて変化し続けられるかですね。

でも、とても楽しみだなと思いました。
人気 Picker
畜産が抱える世界的課題(森林破壊とCO2と動物福祉などに加え感染症リスク)
を考えるとまだまだ伸びるジャンルと思います。
個人的には大豆加工品一択かなと思っています。西欧はそもそも大豆食文化がほとんどないので培養肉と昆虫に行きがちですが、正直どちらも心理的に食べたくない。
そもそも日本人は昭和40年代まで肉の消費量はとても低かったし、いまもアメリカの比ではないくらい低いので、徐々に牛豚肉は日常生活からフェイドアウトしていくのではないかと思っています。
しかし、一方でイノシシ、シカは激増しているので、こちらはせっせと食べた方がいいですね。
CRS 細胞農業研究会の事務局を運営していますが、植物性の代替肉と培養肉は、味や触感、満足感の面で明らかに差別化できる感じています。
また、日本のスタートアップや企業は、米国やイスラエルのスタートアップと遜色ない技術を持っています。

技術はあるため、グローバルで戦えるかは、日本が細胞農業分野においてルールを形成し、グローバルスタンダードを作ることができるかに掛かっていると思います。

この点は、日本が最も弱いところですが、ここを変えないと技術はあっても世界で戦えない、という状況からの脱却はないと思います。
植物由来の代替肉は増加するベジタリアンやヴィーガンという確固たるマーケット、健康に良さそう、という期待、環境にやさしい、など、従来の肉に比べて差別化ができる要素がたくさんありますが、培養肉はそのあたりがまだはっきりしない感じがあります。ルール形成の中で、どのようなナラティブ(動物愛護、グリーンハウスガス削減、安全性など)を消費者に発信するのかも考える必要がありそうですし、それを担保できる第三者認証なども必要になってくでしょう。
精進料理からフードテックへ。なぜもっと早くに手をつけなかったのか、もったいないですね。今からでも、日本の食品産業の最新技術をどんどん生かして参入して欲しい。最新技術分野はスタートアップと組んで、その先の商品開発となれば、日本の食品業界の味へのこだわりや技術への追求は本当にすごい。例えばこんなに美味しいプリンが、コンビニでこの値段で買える国ってなかなかないと思います。
確かにこの分野では日本がかなり世界に出遅れた。ただ日本の伝統的ない食材にはフードテックに応用可能なものも多く、伸びしろも期待できそう。
「培養肉」や「ベジミート」が普及した後は、価格競争と差別化のタイミングがきます。
「国産」がひとつの「売り」になるでしょうね。
世界でフードテックへの投資額。大きな差が既に開いています。

日本(97億円)

米国(9574億円)
中国(3522億円)
インド(1431億円)
それはやっぱり技術でも負けているからでは?

『福田客員教授は「日本は技術で勝ってもビジネスで負けている」と話す。ワーキングチームでは今後、会員に細胞培養肉をベースにした事業の立ち上げを促す考えだ。』
植物由来の代替肉は現段階では、通常の牛肉、豚肉よりも生産コストが高くなることが多いようです。生産技術の向上や市場の拡大に伴いコストは下がり、一般的なお肉と同じ値段になると思いますが、そのためにはやはり国の投資が必要だと感じます。
宗教上の理由や食文化の違い等により各国との投資額に差はありますが、大きな可能性のあるフードテックが成長するような土壌が日本にできることを願っています。
京大博士中退発のコオロギ飼育テクノロジーならうちへ
日清食品ホールディングス株式会社(にっしんしょくひんホールディングス、英語: Nissin Foods Holdings Co., Ltd.)は、東京都新宿区と大阪府大阪市淀川区に本社を置く企業。即席麺を生産する日清食品を中心とする食品グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,276 億円

業績