新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今週一週間分まとめて振り返ると、S&P500種+2.27%。記事にも記載のあるS&P主要セクター上位下位は、こんなパフォーマンスでした。

1 S&P500 エネルギー +8.51%
2 S&P500 金融 +4.60%
3 S&P500 一般消費財・サービス +2.96%
4 S&P500コミュニケーション・サービス +2.73%

8 S&P500 生活必需品 +0.59%
9 S&P500 ヘルスケア +0.51%
10 S&P500 公益事業 +0.24% 
11 S&P500 不動産 -0.37%

上位に景気敏感業種が散見されます。中身をほりさげると、指数構成506社のうち、プラス405、マイナス99、変わらず2。上位下位顔ぶれはこのようでした。

1 カーニバル +24.24%
2 オキシデンタル・ペトロリアム +22.76%
3 アパッチ +21.68%
4 アメリカン航空グループ +19.55%
5 ノルウェージャンクルーズライン・ホールディングス +18.46%

502 ベストバイ -5.46%
503 キャタレント -5.74%
504 ホーメルフーズ -5.84%
505 バイオ・ラッド・ラボラトリーズ -6.12%
506 ギャップ -10.75%

総じて週を通じて、サイズは小さい順(S&P 500種<S&P 中型株400種<S&P 小型株600種)、バリュー強め(S&P500グロース指数<S&P500バリュー指数)。マーケットインパクトあるイベントを、比較的多めに消化した週だったと思います。

※ブルームバーグをもとに作成。データは取得時点。
スノーフレーク筆頭にSaaSの主要銘柄が大きく上げた。ナスダック100指数に今年7月に組み入れられたばかりのモデルナも更に急騰。新陳代謝激しくバイオヘルスケアなど次のイノベーションの核を担いそうな銘柄が自然と入ってくるのもナスダック主要指数の魅力 #米株
火曜の朝に結果がどうだったか見るのが楽しみ。それでも昨年同様、中国のDouble 11の半分以下なんだろうな