新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予算が少ないと感じているのはどこの官公庁や役所でも同じだと思いますが、気象庁はなまじ現場が頑張っているのでなかなか問題が表面化しないのかなと感じることはあります。例えばソフトウェアを自作してしまうなどというところにそれが現れており、民間企業でも多少知識がある人がVBAでマクロを組むなどということはやるかもしれませんが、気象庁は気象衛星の画像を解析するのに便利になるようなソフトウェアを自前で開発し、ひまわりの画像を解析するならこれを使うといいですよ、とホームページで配布しています。普通なら気象衛星の導入時にベンダーにソフトウェアの提供も求めるところであると思われますが、そのようにして費用を削減し、職員の専門技術で乗り切っているような状態です。

すでに東京での気象観測地点も北の丸公園に移され、人間がやらなければならない現在天気の判定や視程など一部の項目を除いて観測はほぼ自動化されたような状態になっています。気象観測については気象庁が自前でやることにこだわらず、観測機器の検定と観測方法や環境の確認をきちんと行うようにして、気象庁以外の機関でもどんどん行ったほうが良いかもしれません(たとえば気象観測船については同じ国交省の海上保安庁に相乗りすることもできるかもしれません)。

気象庁も虎ノ門のビルに入居する一つのテナントのような扱いになりましたので、今後気象庁に求められるのは観測などでどんどん現場に出ることというよりは、情報を受け取る側の立場で、適切なタイミングに適切な情報を提供することを考えることになるのかなと感じています(特定の情報が欲しい、言ってみれば意識の高い人は別途気象会社から情報を得ているので、まずはインターネットすら不自由で防災無線に頼っているような人をターゲットとすべきかと思います)。
充実した記事でした。この記事、本当に丁寧に取材されていて尊敬します…。しかし、懐事情はそうなっているんですね。昔は防災情報に力を入れていなかったんですね。今は気象台が地域向けに防災講座を開催したりしていますけどね。私もそこでたまに講師をやったりしています。
気象庁のHPでウェブ広告、というニュースがありちょっとした違和感を感じていたのですが、その背景がよく理解できました。いつなんどきも災害についてテレビ中継の対応をされるなど個人的にはちょっとしたヒーローのような存在の役所だと思っていただけに、予報の名前がなくなるのは寂しさを感じます。私ならせめてコーヒー1杯×12ヶ月分くらいはお支払いしたい気持ちです
人手不足だし予算不足、でも増税は嫌なんでしょう?
国土交通省の中に位置するから、予算折衝は二重三重の壁を突破しないといけなくなる。防災の取りまとめが内閣府なのですから、気象庁は内閣府にぶら下がるべきです。

防災対策や地球温暖化対策は政府の大きな目標なのですから、気象庁は各省庁とは別格の部署とせねばいけない。予算規模も環境省並みであって然るべきと思います。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア