新着Pick

脳が疲れたら口にするべき6つの言葉。すーっとクールダウンできる!

STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小泉「人生いろいろ、会社もいろいろ」
鳩山「宇宙が出来て137億年、地球が出来て46億年」
不屈闘志(逆境ナイン)「それはそれ、これはこれ」
マギー(アサシン 暗・殺・者)「気にしていません些細なことですから」
脳が疲れている時、確かに声に出すと、自然とネガティブな思いがすーっと消えるのがわかります。
私もしゃーないしゃーないと、独り言ですが声に出していることがあります。子供にも、失敗してしまったときや落ち込んでいるときに、声がけって大事だなと思いますが、声がけがはじまると、周りの言葉に自分で、いいよいいよどんまい!しかたない、次々!と、自分に向かって語りかけはじめますよね。言葉の力って大事ですね。
半沢直樹で、はなちゃんが銀行辞めたら?
たいした事ないじゃん。
全くその通りと思った。
それでも正しい事をする人が、頭取になるのかも
知れませんね。
私がよく部下に伝えている言葉は、「なるようになるさ」「なんとかにしかならないさ」です。

自分に対してだけでなく、いつも頑張ってくれている部下の表情をみて思いやりの言葉をかけるだけで、自然と無駄な力が抜け、余力が生まれます。

「なるようになるさ」「なんとかにしかならないさ」は、自分だけでなく、相手に対しても有効な言葉と思っています。
5つの言葉だよね。「まいっか」と「まっ、いいか!」との違いがわからん。
まあ、いいか。
とらわれることが疲れの原因。自分で自分に言葉がけしたり、他者と会話/対話したり自分にとっての良い状態をたもつ「習慣化」が大事。
脳が疲れる原因を取り除く、無理をしない。(予防/治療)

それでも、パンパンになった時は、考えないで、開き直って、「まいっか!」(特効薬)

それが出来ないで、停滞してしまうのが、身体にとって一番よくないのですね。(重症化)
企業研修において近年ニーズが高まるテーマが「レジリエンス」です。
レジリエンスとは、困難や逆境の中において折れずにうまく適応できる力のことを言います。

業務をする中では様々なストレスが発生します。固い棒が横からの曲げる力に弱いようにガチガチに頑張りすぎるとストレスによってポキッと折れてしまいます。

一方で葦は、強風が吹いて倒れても折れずに立ち上がります。レジリエンスを身に着けることで葦のようなしなやかさを高めて行くことができます。
「自分の内側から湧き上がる「本来の欲求」と、“そうすべき” “やらなきゃ” といった「求められる行動」のギャップが大きくなると、脳疲労を起こす」
なるほど!そして脳疲労の解消には無理が禁物なのだそうです。なるほどなるほど。

「まっ、いいか!」「なるようになるさ」などと口にして見ると良いとも。実際に口に出すって無意識ではなかなか出来ないので、ちゃんと意識して言ってみるのが大事ですね。
個人的には心が疲れそうな時は、友人が教えてくれた「ゆっくり、のんびり」を唱えるようにしていました。大事にしている言葉です。
「あ〜、疲れたな〜」と思う時「体が疲れた」と感じるのですが、実は脳も疲れているのだと思います。脳が疲れたら声に出して言う言葉は、意外と効果的だと思います。
私はよく「ま、良いか!」「仕方ないよね」「なんとかなる!」「大丈夫、大丈夫」と声に出して言います。脳も同意しているように感じます!