新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
元Apple Watch1、2、3の愛用者です。
現在はGarminを利用しており、Apple Watchは使っていません。

なぜかと言うと、Apple Watchはスマートデバイスであって、スポーツ専用ではないからです。

記事にある通り、スポーツアプリだけを見ればAppleが独占し始めると読めるでしょうが、逆に自分のような実際にスポーツをする人にはApple Watchはデバイスとして出来がよくありません。

例えばGPSの捕捉速度が遅かったり、汗で濡れた手ではタッチパネルが反応しないなど、エクササイズ中に肝心の機能がレスポンス良く動きません。

一方でGarminはスポーツに特化したデバイスなので、機械的な押しボタン、必要な時に画面のライトをオンにできたり、何よりもバッテリーの持ちが段違いで、かつ、アプリそのものがとても良くできており、スポーツ用デバイスとアプリの一体性は、iPhoneとiosの関係のようによくできています。

スマートウォッチという多機能ではなく、スポーツという特定デバイスにフォーカスを当てた場合、Garminと Fitbitを合わせたシェア13%のユーザーの方が実ユーザー数は高いのではないでしょうか。

https://jp.techcrunch.com/2020/06/18/2020-06-17-global-smartwatch-shipments-grew-12-in-spite-ofeverything/

つまりこの記事にあるスポーツの用途としてApple Watchのシェアはその数ほど活用されていないでしょう。

またもう一段階進めた、SNSとスポーツアプリの領域でStravaがあり、こちらも今後の動向は要注目です。

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00222/00001/
スポーツアプリ。様々なサービスが出ている中、やはりアップルが磐石であるという指摘。
とはいえ、一般の人が利用するのとプロスポーツ選手が利用するサービスには違いがあるので勝機があるのではと思って読んでいたら、「アンダーアーマーは売却の目的について、ブランドをシンプルにし、気楽にスポーツを楽しむ人々よりも上級者、さらにはプロのアスリートなどの「目標が明確なパフォーマー」に集中するため」とのこと。
まだまだビジネスチャンスはあるように思います。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
240 兆円

業績

時価総額
9,778 億円

業績