新着Pick
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もちろん接種は個人の判断に委ねられるべきです。それはどんなワクチンでも、治療でもそうです。そこに何一つ疑問はありません。それが医療のあり方です。

ただし、政府として、誤解やデマ、過剰な不安を取り除き、正しい理解を進めるための最大限の取り組みが求められます。

全ての既存の薬やワクチンは、当たり前ですが必ず新薬であった時代があり、コロナウイルスワクチンと同様のステップを経て、現在使用されています。

それは今回のワクチンも何も変わらないわけですが、その注目度の高さから、期待と不安の両方が他の薬やワクチンを超えていると予想されます。その分、デマや誤解にもつながりやすいものと推測できます。
人口の43%が免疫獲得すれば集団免疫獲得との論文も報告されているようで、仮にそれが本当であれば、全員が受けなくてもそれなりに効果はありそうな気もしますが。
まあ、慎重な日本人がどれだけ摂取するかわかりませんが。
そりゃそう。拙速なテストという人がいるけど、そんな訳はない。ファイザー×バイオンテックもモデルナもしっかりと第3相臨床試験を終えてる。治験者も4万人以上とかなり大規模。日本に届いたらなる早で接種したいな!
ワクチン接種をしていれば海外渡航での規制が緩和される等のインセンティブがあれば、接種したいと思います。
衆院では「ワクチン費用の全額を国が負担することを可能にする予防接種法改正案が全会一致で可決」され参院に送付されていますが、接種するかどうかは自己判断とのこと
ワクチンが好きとか嫌いとかそんなことではなく、接種するかどうかを個人で選択するのは当然のことかと思います。
自己責任となることは問題ないと考えてます。
国が責任を取ることも出来ないですし、禁止することもすべきでない。リスクはあれども、ワクチンを打っていれば今まで通りに戻れる。国のやるべきことは、責任を取ることでなくリスクや効果を丁寧に説明することぐらいかと。