新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
●霞が関中央省庁のいいところ

・仕事に大義があり、日本のために、大きな仕事に取り組める
・一応、一生安泰
・公務員官舎など、驚くほど安い家賃
・年金が手厚い

●霞が関中央省庁の悪いところ
・特に課長補佐までは、ほぼブラック企業並みの労働環境
・ある程度の予算と権限を持てる課長職までの道のりが長い(課長職は、30代後半とか40代中盤ぐらいまでと考えると20年近い修行期間)
・その割に給料が安い
・仕事の本質とは関係ない仕事が多い(有識者委員会のお作法とか、各種書類の「てにをは」の調整とか、根回しとか、、、)
・人事制度が硬直的(とにかく、同期でポストを争うとか、次官職を、元運輸省がとったら、次は元建設省だとか、最初の公務員試験の種類で、その後のキャリアが決定されているとか)
・公務員官舎は、立地は良いがとにかくぼろいものも多い
・キャリア職は転勤も多い


こんな感じでしょうか?

父は、キャリア官僚でしたが、技官だったこともあり、マイペースに仕事していて幸せそうでした。
人材市場という意味では、民間もお役所も関係ない訳で、自由競争に晒されているし、比較検討されまくっているっていう認識をもっと省庁は持ったほうがいいと思うのです。もうボーダーレスなのです時代は。かつての大人気大企業の50代60代とかも同じようなバイアス(=うちは人気で人材殺到で、若くして辞める奴はわかってない、と思っている)にはまっている気がします。振られているのに、振ったと勘違いしている痛い人にならないように・・・
その理由と背景がどう理解されているか、ですよね。そしてキャリアと言われる方々に、そもそもどういう「キャリア観」を期待しているのか。退職したキャリアの皆さんに「振り返れば、◯◯省で勤務した経験が役立った」と言ってもらえるような、成長を実現する「職場」であるならば、単純に退職者の数字だけで憂う必要も無いと思いますし。

もっとも、そういう職場だとあまり退職しないんですけどね。。結局。
お役所の仕組みは、年齢が上がれば
出ないといけないので、
若い人が辞めるという事が問題、
と言っているのでしょうね。

一方そもそも志望する人も、
比較的安定志向の人が増えていて、
東大から官僚になる人は、
減っています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f437d4c5c71c6540591e5a6a2523dcb662d4261

国と言うコンセプトそのものが、
意味を失いつつあるのかも知れません。

国の為よりも、世界の為なのかも知れません。
もしくは、個人の利益なのかも知れません。
睡眠時間が2,3時間で、プライベートな時間がまったくない。
その上、長時間労働に応じた相応の報酬ももらえない。

これじゃあ、辞める人が増えるのはやむを得ないでしょう。

国会対応が最大の問題なので、質問書の提出期限を厳守し、期限内に提出しない場合は質問を禁じるという制度をつくることが必要です。
霞ヶ関を経験した若手はスタートアップでも活躍できると思うので、是非飛び込んで来て欲しいと思う反面、もっと民間から官僚へ中途採用の道があり、人事交流があった方がいい。両方の現場を知っている人材は強い。
昔の話ですが、大学卒業後に学生時代のサークル仲間で集まったときに、中央省庁に就職した友人たちが「時給に換算したら、自分たちの時給はファーストフードでアルバイトするよりも安い(→荘司さんが書かれているように国会対応が問題なのだと思います)」「タコ部屋(法案作成のために集中的に作業する準備室)に入れられたら、ずっと家に帰れず、毎晩寝袋で寝ている」と嘆いていたのを思い出します。財務省などは地下にお風呂もあるようですし、そうした働き方が常態化していた(いる?)のでしょう。

それほど身を粉にして働いても、メディアにはずっと叩かれまくりでしたから、いくら入省時に高い志を持っていたとしても、普通の感覚なら「やっていられない」と思うのではないでしょうか。
敢えて危機感を煽ることで、官僚の方々の労働環境や待遇を改善しようとする取り組みと理解しますが、純粋に数値だけ見ると、20代の転職意向が10%程度というのは、一般の他の会社と比べてそんなに高い水準でもないなと感じました。

逆に、外に出ればいくらでも機会がある優秀な方々が、劣悪な労働環境・待遇に関わらず、随分とロイヤリティ高く働いてらっしゃるものだなと感じました。矜持なんでしょうね。

人材確保という観点では、新卒の方々のリテンションを高めるのも然ることながら、中途人材の受け容れをより積極化すべきではないかと感じます。
官僚叩きの20年で威信も権能も落ちて、優秀な人材が来ず流出にも雪崩を打つことが現実となりつつある。そのぶん民間や国会の力が高まっているならいいけど、官が凹んでるだけじゃなかろうか。官の立ち位置を上げるのは難しくても、働き方を変えてあげるぐらいのことはできるでしょう。これこそ政治主導でお願いしたい。
長く職場にいた人が偉い。という時代ではない。
かといって早く仕事終わらせると「できる人認定」されて次々と仕事が舞い降りてくるのかもしれない。
そりゃたくさんの仕事を短時間で捌けるようになるのが理想だけど、量が増えれば時間もかかるよ。
人もどんどん減ってきている中、「AIやRPAの活用を」と盛んに言われてる。そのアイデア出しができる余裕が欲しいというのも本音じゃないかな。
公務員に限らず、どの職種もホワイトに働いて家族やプライベートの時間を大切に過ごせる様にしたいですよね。