新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
脳の幸せ習慣6つ。「感謝の気持ちを持つ」「前向きになる」「気の合う仲間や家族と過ごす」「利他の心を持つ」「マインドフルネス(脳トレ坐禅)を行う」「Awe(オウ)体験をする」

これに加えて、「ポジティブな言葉を口にする」があるんじゃないかと。「最高」「嬉しい」「幸せ」こんな言葉を口に出すと、脳が「そうなんだ、幸せなんだ」となって、気持ちも良くなり、動くこともできるようになるのではと。言霊、ですね。
マインドフルネスなどは流行りではなく、ストレス社会で生きていくには必須のものとなっている背景とその必要性が理解できる。個人的には、「脳トレ」よりも、「脳磨き」という表現の方が受け容れ易い。たとえストレスを抱えている状態であっても、「自己受容感」を高めた人(=前向きになっている人)は、脳機能が高まる。それだけでなく、「自己受容感」を高めた人は視野が広がり、重要な情報をキャッチしやすくなることも判明したとのこと。情報過多時代においては、「脳磨き」は極めて身近に実践できる重要な活動になりますね。個人的には、自己受容を感じられるように、6つのポイントのうち、"感謝の気持ち"を持つこと常に意識したいですね。

1: 感謝の気持ちを持つ
2: 前向きになる
3: 気の合う仲間や家族と過ごす
4: 利他の心を持つ
5: マインドフルネス(脳トレ坐禅)を行う
6: Awe(オウ)体験をする
「脳磨き」のポイントをまとめてくださっています。
私がやはりしっかり意識しないといけないのは「感謝の気持ちを持つ」だと、改めて。そうすることで幸福感もより高まるのだと思います。