新着Pick

キオクシアの上場は年明け以降 大株主の米投資ファンド日本代表

共同通信
キオクシアの上場は年明け以降 半導体大手キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)株式の過半を持つ米投資ファンド、...
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回ローンチ時は、目論見書記載株価から仮条件を下方に広げ、ブックビルディングまで行った後の中止という事で、各関係者がギリギリまでディールを推進しようとした意志を感じとる事ができる事案でした。(バリュエーション目線の解離の中止は仮条件決定の際が通常)。
次回ローンチ時のバリュエーション目線や前回は約65%という高めに設定されていた海外トランシェなどオファリングストラクチャーをどのように設計するのか興味深いです。
米国の制裁が半導体の出荷に大きな影響を与えるという不透明感。

マーケットは「予測不可能」という要素をとにかく嫌います。影響がハッキリするまで上場延期するのはやむを得ないでしょう。
「杉本氏は「制裁で売り上げがごっそり消えてしまう。業績に不透明感が出てくる」と説明した。」本当ですか?

本質は、ファンドとマネジメントのリスク管理体制とアカウンタビリティではないかな。
PEファンドが欲しい値段と機関投資家が払ってもいいと思っている値段の差が詰まらない限りは年が明けてもなんも変わらんと思うがね。
二転三転のキオクシアの上場時期。12月にも上場という記事も出ていましたが、株式の過半を持つ「ベインキャピタル」の杉本勇次日本代表は「年内は難しい」と述べているようです。
↓上場延期報道はこちら
「キオクシアHDが上場延期へ、ファーウェイへの米制裁が影響-関係者」(Bloomberg、9月27日)
https://newspicks.com/news/5257306
↓その後の12月上場についての記事
「12月に上場を計画するキオクシア、ファーウェイとの取引再開で投資家の懸念払拭なるか」(ニュースイッチ、10月7日)
https://newspicks.com/news/5283138
鍵はSKだ。
マーケットが好調な今の時期を逃すと上場自体難しくなると思います。来年は株式市場が軟調になる可能性があるし、半導体事業だってどうなるか分からないので。
PEの投資先のIPO案件の問題が噴出した感じだな。
なかなかコメントし辛いが、まあ頑張ってください。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.53 兆円

業績