新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年は女性の活躍が話題になった1年だったなーと思います。

アイスランド、台湾、ドイツ、ニュージーランド、フィンランド、デンマークでは、女性のリーダー達によるコロナ対策が高い成果を上げ、アメリカ初の女性副大統領や兼業のファーストレディなど、政治の世界を中心に女性のリーダーシップが生まれつつある年になったのかと感じています。

世界経済フォーラムの調査によると、現在、全世界の議員35,127人および閣僚3,343人のうち女性が占める割合は、それぞれ25%と21%とまだまだ少ないですが、有能な女性が政権の高位に就いている国では、財界でも有能な女性がリーダーシップを取っている傾向にあるとのこと。
これは、公正の実現に向けては、クオーター制やインセンティブの設計などが必要、有効だから、という関係です。

今年、政界を中心に進んだ女性活躍が、財界にも良い影響を与えてくれればな、と期待しています。
ハリス氏スピーチへのコメントでも書いたが、実は、日本が追従するアメリカの女性進出は、ヨーロッパに比べて大きく遅れていた。それは政界と大企業上級管理職において顕著だった。それが、共和党でも女性議員の数が躍進しているとなると、、、、日本の政界と経済界! アメリカさんに遅れちゃいますよ!

なお完全なる私見ですので、独り言としてスルーしていただきたいのですが(?)、バイデンさんの政権では、ホワイトハウス報道官には、つけま金髪美人ではなく、若い頃のブラピ風イケメン望む!^ ^
これは嬉しいニュースですね。政治家や経営者の中で女性たちの活躍は、若い世代の女性たちにもたくさんの夢を与えるはずです。男女関係なく、情熱と誠実さを持つ素敵なリーダーが認められる社会になりますように。。
マイノリティーグループが活躍するには「クリティカルマス」が大切とも言われており、やはり2~3割くらいはいないと、力を発揮できないまま、ただのダイバーシティお飾りになってしまう危険があります(だからクオータ制は意味があるということです)。新議会では女性の割合は現在の23.7%から26%に増えるそうですし、活躍を期待します。あくまでも一般的に、ですが、女性の方が溝を埋めてグループのコンセンサスを取る能力に長けていると言われています。女性の視点もより一層加わることで、現在のアメリカの分断が少しでも埋められるといいですね。
共和党側の35人は過去最大。民主党側の105人は18年選挙の108人(過去最大)に近い数。共和党側が「保守の女性候補」をうまくリクルート。
2018年の中間選挙から、議会での女性活躍は目立っている。そして、その多くはプログレッシブと呼ばれる人達で、米国議会に新たな風を巻き起こしている。
「2018年の連邦議会選挙でも過去最多の女性議員が誕生したが、今月3日の選挙では、その記録が塗り替えられた」
来年一月はハリスさんだけでなく、多くの女性議員が新たに就任することになるそう。
彼女たちの活躍により、米国がどのように変わっていくのか非常に興味があります。

企業でも女性の経営層が増えていると思いますが、政治の世界でも女性が多く活躍するようになれば、世の中の変化はさらに大きくなりそうです。