新着Pick

【ライバル集結】ノーコード旋風は一過性のブームか本物か

NewsPicks Brand Design
1805Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
no code/low codeは最近よく聞くようになりましたが、この特集で紹介されているセールスフォース・ドットコムやサイボウズは10数年前からここで紹介されているような事は言っていたので、今グローバルで注目を浴びているからには、この分野がテクノロジーとして何か進化したものがあるんだろうなと思っています。海外のサイトでこの分野ののトップ10などを検索すると日本で知られていない会社ばかりなので、まずはそれらを研究していきたいなと思います。
プログラミングなしでアプリやシステムを開発できるとして、脚光を浴びている「ノーコード/ローコード」。この記事では、この領域の有力プレーヤー3社に(オンラインながら)集まってもらい、鼎談を実施しました。ライバルと言える3社ですが、「今はまだ市場黎明期でともに盛り上げる時期。戦うのはまだ先」と言わんばかりに、スポンサーのセールスフォース・ドットコムと共同企画し、それに即快諾してくれたマイクロソフトとサイボウズ。鼎談自体も面白かったですが、その心意気が印象に残っています。なぜ伸びているのか、各社の有力事例は?など多角的に語ってもらっています。
知識や技術がなくてもアプリやシステムを開発できる「ノーコード/ローコード」ツール。その有力プレイヤーである、セールスフォース・ドットコムとマイクロソフト、サイボウズの3社が、「戦うのはまだ先だ」とのことで鼎談が実現しました!

各社、具体的な導入事例もお話しいただいたので、きっと参考になると思います。コロナ禍で自治体もノーコードを活用して給付金の申請システムを作ったり、軽症者のホテル滞在時の仕組みを作ったりしていたことが、個人的には驚きでした!
この3社が対話するだなんてすごい流れ。
no code/low codeが共通の話題とはいえ、SFDCがスポンサーでの記事であることも驚き。
呉越同舟の対談だけど、それがプラスサムにできるから実現した企画ですかね。満足するモノを作りたければ結局は自分で作るしかない、的な諺が英語にあります。その傾向が一つ進化しているということなんでしょう。
ノーコードって昔の電子ブロックみたいなものだと思ってる。電子部品がブロックになってて、はんだ付けしなくていいというもの。お気軽に電子回路作れるのと同じく、ノーコードはお気軽にアプリ作れる、そんなイメージ。

要するにこれまで、社内IT部門やその先のベンダーに作ってもらっていたものを、現場で作れってこと。めんどくさい、IT部門やベンダーへの説明や要件の確定みたいなことをすることなく、現場で必要なものも自分らで作れる。世の中、社内ITの要員やベンダー予算削減してノーコードのプラットフォームに移す方向なのかな、と。
この連載について
ソーシャル、モバイル、クラウド、IoT、ビッグデータ。 新たなテクノロジーが市場に変化をもたらしています。このような中で、企業が勝つための施策とは? マーケティングや営業戦略の先進の取り組みや考え方、それに伴うビジネスモデル・手法など、ビジネスユーザーに役立つコンテンツを公開しています。