新着Pick

「ネットフリックス社員は“家族”ではなく“プロチーム”なのだ」ヘイスティングスCEOが語る「ノールール」の極意

Business Insider Japan
ネットフリックス(Netflix)の創業者で会長兼最高経営責任者(CEO)のリード・ヘイスティングス氏が、日本の記者団に対し、オンラインでのラウンドテーブル形式によるインタビューに応じた。 ヘイスティングスCEOは先日、エリン・メイヤー氏との共著『NO RULES(ノー・ルールズ)』を発表し、日本語...
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「能力の高い人が自律してやってる」という理解だと、ちょっも不十分な気がしました。おそらく目標管理と評価はガチガチにすることで「ノールール」を支えていると推測します。後半にも目標が重要という話がありますしね。結果さえ出していればプロセスは問わないよ、と解釈すべきだと思います。

全員に馴染む仕組みではないかと思いますが、結果さえ出していればいい状況は、回り回って心理的安全性を生みやすいと思います。また、目標を達成できなかったときのセーフティネットの置き方にはグラデーションがあるので、ここの設計も大事な要素かと思います。1回でも達成できなければ異動・退職という設計もできますし、何回かは未達でも許容し、達成できなかった場合の理由を上司が一緒に考えるといった設計もあり得ます。
ビジネスモデルやカルチャーの相違によって最適な組織創りは異なると思いますが、ノールールやプロスポーツチームのような組織においては、働きがいのある組織創りが重要だと思われます。
よい企業をつくるには、HRが大事。そんなことを痛感する記事です。

例えば、DXなど、今の流行りに関しても、そもそも、その組織、企業の中の人材が、そういったことに対応できなければ、暖簾に腕押しになってしまうか、「DXをやること」が目的となってしまい本末転倒になります。

Netflixを含め、すばらしい企業は「プロ集団」なので、細かなことは言わずとも、自分たちで自律的に前に進みます。

そう考えると、いかに採用が重要かがわかりますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Netflixは企業文化をかなり貫いている。

ヘッドハンティングされた際は市場価値(給与)を聞き、Netflixに提示すると給与がそれ同等orそれ以上に上がるらしい。
素晴らしい!



以下NewsPicksオリジナル記事

【CEO直撃】なぜネットフリックスは、恐ろしいほど「自由」なのか
https://newspicks.com/news/5375795/
完全なるプロ集団なのですね。

自律した個人が共通認識のうえで結成されたチームであり、その構成が創造性を重視し、イノベーションを高め、目的を達成する企業命題にマッチしている。

この困難な時代にハマった事業集団ですね。
家族的組織=メンバーシップ型
プロチーム組織=ジョブ型
と考えるとわかりやすいですねかね。もちろんプロチームは個人主義ということではなく個の役割を明確に果たすという意味です。
「ネットフリックスにはほとんどルールがない。就業時間もなく、休暇申請も必要ない。必要な機材の購入にも、必要な経費の申請も、一定額までは存在しない。それどころか、「上司が部下に命令を与える」ことすらない。」
弊社も自由主義を大事にしているのでルールは最低限になっていますが、経費の申請もないとは凄いですね。

ルールが多過ぎれば人は考えるより受け身になってしまいます。また失敗を恐れて挑戦しなくなるとも思います。
ルールが必要なのか、作るとしたらどういうルールなのか、ユーザベースもみんなで考えることが多いですが、これからの時代主体的に仕事を進めていていく上で、とても大切なことだと思います。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
25.2 兆円

業績