新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【今、DXしなければもったいない】

私がTwitter社在籍時、三菱商事のローソン担当者としてお仕事をご一緒した時からのお付き合いの植野さん。その後、BCG、ファミリーマートと移られ、私は今はBCGという奇妙なご縁で親しくさせていただいています。

そういう個人的な関係値はまったく抜きにして、本稿は世の「DX」というバズワードに振り回されているという実感のある人たち全てに目を通して頂きたい内容となっています。

まさにタイトルのとおり、大事なのはD(デジタル)ではなくX(トランスフォーメーション)であるということを全ての「DX」に携わる人々は、肝に銘じてほしい。

今はそれなりに儲かっている。しかしジリ貧になるのも見えている。まずはコスト削減して儲けを出そう。それにはデジタルだ!というのは、実はDしか見てない「デジタライゼーション」に過ぎません。

今はそれなりに儲かっている。しかしジリ貧になるのも見えている。だからこそ、まだ体力のあるうちにデジタルでビジネスのあり方そのものを変革しよう。それが本稿で語っていることでもあります。

あくまでD(デジタル)は、X(トランスフォーム)するための手段に過ぎないません。しかし、手段と言った途端に、なぜか軽視する人もいますが、そうではありません。デジタルは、自ら飛躍的にトランスフォームすることを可能にしてくれる、これ以上にない機会ですから、極めて重要な要素です。

「DXしなければならない」ではなく「今、DXしなければもったいない」。そして、日本の大企業こそ、この言葉にピッタリと私は考えています。
素晴らしい話。DXされなければこの企業は死ぬ、と思って取り組んでいる企業はまだまだ少ない。
"経営トップが本気であれば、トランスフォーメーションを主導する組織が経営直下に置かれることが自然であり(そして現状の場合、この組織の長がCDOになる)、事業部門やシステム部門の片隅にDX室が置かれる時点で、DXごっこでしかないわけです"
DXJAPAN代表の植野さんの記事ですね!なるほど大変共感します。
「デジタル」は手段であり、本質的に競争に勝つための「X=企業変革」が必要という本質的な内容。

以下の指摘については、私も自分がそうならないように襟を正したいと思います。

>「日本企業の場合、実は経営トップはしっかりと変革マインドを持っているのに、その周りを固める経営役員や中間管理職の思惑にバラつきが大きく、変革の推進パワーを削っているように見えます。」
Dを真面目に考えるのが次のステップだとしても、早く真面目にやった方が理想値のアップデートと組織の問題点の炙り出しに有益なはず。

地理的に広大な海外の経緯と、現在のDとX両方の力、その強みを将来に活かしてくる 球体の予想図、しっかり 脳に 釘づけしておきたい。

セキュリティ、トレーサビリティ、コミュニケーション、それらの スーッと通貫した環境創り。それらを活用した次世代の企画・開発・調達生産・販売・環境 そして製品や顧客、組織のマネジメント。

リアムタイムで漏れ無い異常現知や 具体的なリスクアセスメントなど瞬発力を高めるには、Dの力が問われます。Dを使い倒す組織力と言い換えた方がいいかもしれません。
「「DX」などというバズワードに惑わされることなく、ひとりでも多くの方がトランスフォーメーション・リーダーになっていただきたい」
仰る通りかなと。リモートワークなども同様でチャットツールやテレビ会議システムを入れること、通信設備を整えることばかりに関心がいきがちですが、そもそもなぜ取り入れるのかを考えるのがとても大事だと感じます。
「日本に必要なのは、DではなくXだ」

これは名言。今年の流行語大賞にノミネートしてほしいw

それくらい価値のある本質を突いた指摘ですね。