新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が駆け出し記者の頃はまだ社会党があり、旧産炭地で社会党が強かった福岡県在勤中に社会党が分裂し、民主党と社民党、新社会党に三分裂するさまを現場で取材した経験があります。あれから四半世紀をへて、同じように合流をめぐって分裂することは、そうした歴史を経験している老闘士にとっては断腸の思いがあるでしょう。

こちらに、村山富市元首相のコメント全文があります。

社民分裂に村山元首相「小さくなること残念でならない」:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASNCG6SC8NCGUTFK00N.html
土井委員長時代が最後の花でした。当時は社会党なと野党の担当でしたが、土井さんの街頭演説はすごかった。「山が動いた」という土井さんの名言がありましたが、本当にそんな感じでした。しかし取材をしていたものとしては社会党がいかにダメ政党だったかよく知っていました。自分たちの使命はとにかく反対することで代案など考えることは皆無。今のどこぞのテレビ局のキャスターと同じです。むしろはるかに小さな民社党の方がはるかに勉強も努力もしていて、夜回り取材は民社党ばかり行ってました。とうの昔に存在意義を失っていた政党です。
自民党も共産党も健在だが社会党が没落していった理由、そしてここまで永らえた理由を考えることは、どの組織にとっても意味があるう。世界の中で日本が社会党のようにならないようにするには、を考えたい。
社民党が臨時党大会を開き、立憲民主党への合流を希望する所属議員の離党を容認する議案が可決され、事実上の分裂が決まったとのこと
拉致の解決について確りと責任を持って取り組んでいただきたい。それだけ。
もはや党じゃないじゃん。無所属議員と一緒。
なんでもかんでも反対ばかりして敵を攻撃するだけがアイデンティティの人の末路はこんなもの。周りに敵しかいなくなる。味方っぽい人は単なる敵の敵でしかないからね。
慰安婦問題の主犯が福島瑞穂という意見があるからね。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51804890.html

本当だとしたら、罪深い話だ。