新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クオモ知事は、学校でのランダムサンプリングの結果で陽性率が0.1%台であること、クラスター分析の結果で夜間のレストランやバーにおける感染伝播が多いことから、学校閉鎖はいまだ不要であり、その閾値は9%で良いとしていますが、市長は初期に設定した陽性率3%を強調しています。

ニューヨークの状況を少し難しくしているのは、インフルエンザの感染者も記録され始めたことで、数は少しずつですが増加傾向にあります。

インフルエンザには、学校閉鎖が有効とするエビデンスがより明確に存在し、早期の学校閉鎖は両者の感染症に有効となる可能性があります。その一方で、計り知れないマイナス面が存在することも確かであり、ここは単一の正解が導きにくいところだと思います。
ニューヨークの死者は4月と較べてほぼゼロ

https://www.statista.com/statistics/1109728/coronavirus-deaths-by-date-new-york-city/