新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この件については、記事中によく分析されていて、それぞれその通りだと思うし、すでにHuffPost の記事についてコメントし共感もいただいているので、特に付け加えることはないが、ひとつだけあるとすれば、ブランドイメージとのギャップだ。

私自身は、男も女も、性的なものを一切排除した社会なんて味気ないし、あり得ないと思う。時には、特定の相手に対して、セクシーなタイツで「勝負」したい時もあるだろう。
ただし、それは、申し訳ないけれど、アツギではない。
アツギはやはり、膝丈セーラー服の女子高生のタイツのイメージだし、アツギの肌着はお腹の出てきた中高年の体型補正肌着のイメージだ。実際そういう商品を扱っている。間違ってもランジェリーではない。それはそれでの心強さがある。

そのブランドが、女子高生の延長レベルのイラストでセックスアピール路線の広告と取られても仕方のないものを作るから、失望させられる。ヴィクトリアシークレットなら、こんなことにはならなかったはずだ。

アツギのサイトで、タイツのパッケージを見たら、ちょっとセクシーラグジュアリー路線に行きたいと思っているように見えなくもないが、うーーん、それならそれで全社あげてのリブランディングプロジェが必要なのでは? 
今はユニクロ路線の方がマスのように思われる中で、そもそもそうする必要があるのかどうか、疑問だが。
なるほどなるほど。今までの炎上は、発信者が受け取り手の女性目線を理解してないことだったと分析されてきましたが、今回はそれだけでなく、企業のSNS販促の評価方法にも問題があった可能性があるんですね。
個人の投稿なら「おもしろいね」で済んでも、企業の公式アカウントがやるとダメなラインはある。また、炎上しないとしても、公式アカウントが中の人を出し過ぎて「痛く」なってしまう例もあるので、企業のSNSアカウントとの付き合い方は本当に難しい。

担当者のリテラシーの問題と言ってしまえばその通りですが、まず組織でチェックするのは前提ですね(それでも今回の問題は起きてしまったわけですが・・・)。

その上で、超えちゃいけないラインは「誰かを傷つけていないか」だと個人的には思います。批判を含む、ドロドロした感情を救い上げるアプローチは確かに注目を集めやすいですが、顔の見えないやり取りではかなり慎重になった方がいいですよね。

例えば日清さんはこのあたり本当に上手で、カレーメシとカップヌードルがディスり合う投稿が話題になってますが、カレーメシとカップヌードル以外は誰も傷つけていないですよね。日清さんのプロモーションは経営陣が相当深く関わって企画していると聞きます。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0518e2a3a13e8232bcef34bb0110cd2a905bd21
TL系マンガというのが、様々な制約のもとに制作されていて参考になるかも
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%83%96

「今回の炎上には一つの特徴がある。「女性の性的消費」「男性目線の投稿」といった批判が多く挙がったが、アツギの公式ツイッター担当者および参加したイラストレーターの多くは女性だったのだ。」
アツギのSNSは男女差別、フェミニズムの議論が多いですが
、大規模キャンペーンのチェック体制、リスク管理という基本要素が抜け落ちていたことが大きな課題ですよね。。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.57 兆円

業績

業績