新着Pick
418Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
決算説明資料見たら、
コア事業(要は携帯以外の通販、トラベル、ファイナンスなど)は売り上げも二桁伸長し、営業利益もしっかり黒字で伸長している。

モバイル(携帯)部門は、TOPライン(売上)は伸びていて、営業赤字(設備投資や宣伝投資でしょう)。

特に問題ない決算だと思います。

FY20_3Q決算説明資料
https://corp.rakuten.co.jp/investors/assets/doc/documents/20Q3PPT_J.pdf
キャリア参入の投資額がざっくり6000億円。5G入れて8000億円というのは、すでに発表しているので、ある程度の赤字は想定内。

モバイル事業は、手計算で年間1800億円くらいの営業赤字になりそうですが、速報メディア的には、こういう見出しがしばらく続きそう。

他の事業は、コロナが追い風になっていて、我慢のモバイルの初期投資期間にポジティブな要因になっている印象です。
楽天トラベルの落ち込み具合、急激な回復がインパクトあった。
2019年度のZOZOと楽天ファッション関連事業の流通額を比較している。
ZOZOの2.3倍との主張だけど、かなり意識しているのでしょうか。

1-9月期の楽天モバイルへの投資が2,260億円。去年の同時期より1,250億円くらい増えてる。他の事業でカバーして黒字化出来るような投資額ではないので、想定している赤字なんでしょうね。
この投資の行き着く先が気になるけど、決算資料にある楽天モバイル申込者のうち15%が楽天新規ユーザー、新規ユーザーの35%が他の楽天サービスを利用、というところに楽天モバイルの未来があるのかな。
2020年6月に申込者数100万人。あれから4ヵ月で60万人増。KDDIとの契約はマイナス材料となるかも。
楽天モバイル関連では、FWAにも言及があったみたいで、ラストワンマイル的な使い方なのか、もっと広い範囲のバックボーンなのか、成否は置いといて何をしようとしているのか気になる。

海外事業の大幅改善として、kobo、Viber、VIKIが黒字化。
koboは日本でも使っているので、なんとなくでも理由は分かる。
ViberとVIKIはどんな感じで利用者と利益を増やせたのだろう。
楽天の2020年1-9月期決算は、携帯電話事業への投資が負担となり、純損益が714億円の赤字となりました。(前年同期141億円)
決算短信はこちら
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120201106417425.pdf
モバイルキャリアの設備投資額はエグいですね… そんな中で設備投資が一切ないZoomの時価総額は10兆円。docomoは12兆円。KDDIは7兆円。楽天は1.6兆円。あぁ…
モバイル事業の先行投資なので、問題はないでしょう。

モバイル事業が黒字化すれば投資対効果は高いと思われますので楽天株を買うのもありかもしれないですね。
楽天モバイルは無料なので使っていますが、大手キャリア3社が楽天モバイルの価格に合わせてきたら終わりですね。
キャリア事業としてのインフラ投資、キャッシュレス・ペイメントの投資…最近の日本国内市場は、大手の体力勝負という消耗戦が多いですね…

海外のプラットフォーマーたちが漁夫の利をとっていかなければよいのですが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
先行投資の部分もあるのだろうが、挽回のシナリオに注目!

業績