新着Pick

Suicaがマイナンバーカード代わりに JR東日本らが新サービス開始

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
343Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マイナンバーカードで用いているPKIとしてつかえるような非接触ICのスペックとSuicaでもちいているFelicaのスペックは結構違うものだったと記憶しています。なので、本件はおそらくSuicaと情報とマイナンバーで認証した情報を一部紐付けて、マイナンバー並みのセキュリティを必要としない情報をSuicaに紐付けておくことでたとえば、〜〜市の居住者で間違いないとか、〜〜歳以上で間違いないとかそのような形で実現しているのではないでしょうか。

そうなると、「Suicaをマイナンバー代わりにする」というのは言い過ぎで、「マイナンバーの一部を事前にスイカに記録して再利用する」くらいのイメージのほうが書き方としては正しそう。
すでに発行枚数が8000万枚を超えているSuicaと、マイナンバーカードが連携できるようになるのは、大歓迎です。

前提として、財布の中にたくさん何枚もカードを入れたい人なんていないですよね。

現状は行政サービスの利用に必要なマイナンバーカードも、2021年3月からは健康保険証としても利用できるようになるため、保持し続ける必然性が高まりますし、さらなる利用シーンの拡大も考えられます。

持ち歩きの負荷を減らすためにも物理的なカードではなく、さらなる提携サービスの拡大やおサイフケータイのような電子化も一つの形態として求められていくはずです。
マイナンバーカードの代わりになるかは わからないが、マイナンバーを起点・軸としていろいろな情報がぶら下がると言うイメージかと思う。
マイナンバーカードの非接触ICチップには、Type Bが使われています。FeliCaと違いグローバルで使われていて、パスポートと同じです。
ですから、マイナンバーカードの読み取り機でSuicaは読めないはず。

遠藤さんがコメントされていますが、恐らく、マイナンバーカードのICチップの個人情報の一部を、SuicaのICに紐付けすることで、Suicaの利用の際に、マイナンバーカードに裏付けられたKYC→本人確認手続き済み個人と特定出来るので、マイナンバーカードで使えるサービスの一部を提供出来るようにするのではないでしょうか?

課題は、マイナンバーカードのICに埋め込められている写真情報をSuicaに載せることは出来ないと思うので、本当に本人がどうかを何で確認するか?でしょう。
考えられるのは、生年月日や住所を口頭で言ってもらう?
Suicaでマイナンバーカードのパスワードをそのまま使えないので、この辺りが課題でしょうか?
こういう取り組みは、5年前10年前にやっておくべきでした。

JR東が本気を出していれば、今頃Suicaはグローバルスタンダードになっていた可能性もあります。そのポテンシャルは充分あったはず。

今からやっても周回遅れは否めませんが、国内ではまだ戦えると思います。
だんだんカオスになってきましたねw

私は明日マイナンバーカードを取りに行く素人です。

ってかタイトルの「Suicaがマイナンバーカード代わりに」はさすがに誇張しすぎw
そしたらモバイルスイカ連携して、マイナンバーカード不要にできるね
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.82 兆円

業績