新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
電話会談は早い方がいいと思います。

けさの朝刊コラムで毎日新聞の古賀攻記者が祝意のツイートの時刻を紹介しています。日本時間の深夜に米メディアが一斉にバイデン氏勝利を伝えた後のことです。

ミシェル欧州理事会議長=午前2時59分▽メルケル独首相=午前3時▽マクロン仏大統領=同▽フォンデアライエン欧州委員長=午前3時1分▽クルツ・オーストリア首相=午前3時2分
 EU)のツイート談合にも見えます。ジョンソン英首相は午前2時49分、コンテ伊首相は午前3時13分と微妙に時間差がありました。ツイッターにも各国の立ち位置がにじみ出ます。
 菅義偉首相が「心よりお祝い申し上げます」と発信したのは午前6時27分です。タイミングや内容は事前に「米国主要メディアの当選速報から時間を置いて」と決めていたものの、法廷闘争にのめり込むトランプさんの手前、先を争ってというわけにもいきません。欧州勢が作った流れに乗り、かつ早起きで知られる首相の生活リズムに合わせて「自然な形で出せた」と外交当局者は言っているそうです。外務省には台湾当局から「日本はいつ出す予定ですか」と問い合わせが来ていたとのことです。

ご参考までに。
バイデンは既に欧州各国のリーダーとは電話会談をしている。やはりバイデン政権の外交は欧州や中東にウェイトが置かれることになるんだろうな…。
現在、公式な当選者はいません。
マスコミが勝手に当確と言っているだけです。

米国各州の選挙人が12月14日に正式投票し、過半数を獲得した人が公式な大統領となります。現在は、選挙人の投票先を決めるたの選挙が11月3日に実施されているだけです。
現在不正疑惑がありますが、12月14日まで解決すれば通常のスケジュール通りになります。
現段階ではトランプが大統領選を遅らせているわけでもなく、敗北宣言する必要もありません。不正疑惑があれば12月14日までただせばよいだけです。

米国国民は、アンフェアなことは好きではありませんので、自浄作用が働くのではないかと思いますね。もう少し様子を見てましょう。
昨晩、アジア・ソサエティー ポリシーインスティテュートのダニエル・ラッセル氏、ウェンディー・カトラー氏、慶應義塾大学の細谷雄一教授をお迎えし、バイデン政権と日米関係への影響に関するパネル討論会を開催し、司会を務めました。今年の米大統領選でのバイデン前副大統領の勝利や、バイデン政権によるアジア外交・経済政策が意味するもの、そして日米関係の未来について議論しました。国務省で東アジア・太平洋担当の次官補を務めたラッセル氏はバイデン前副大統領との仕事経験を共有し、バイデン政権下において日本が予測できることについて語りました。米国内で深まる分断の融和などバイデン氏には様々な課題が待ち受けるものの、先日の菅首相との電話会談でも日米同盟の強化、インド太平洋地域の平和と安定に向けての協力を示唆するなど、ポジティブな日米関係が継続されることが期待されます。討論会の模様はこちらのリンクよりご覧ください!https://www.youtube.com/watch?v=R4cX8bFS3rM
何が議論されるか、注目度が高い電話会談。バイデン氏はアジア政策に触れる際、「インド太平洋」という言葉を使わないのが気になるところです。むしろ「アジア太平洋」と呼び、日豪韓との連携を大事にすると発言しています。人権を重要な柱とするバイデン氏のアジア政策の中でインドがどのように扱われるか注目です。菅政権としても、インド太平洋地域における米国との協力を確実に得たいところです。
電話会談セッティングするのも一苦労でしょう。通常、政権交代の時も米国務省が外国首脳との電話会談をセッティングするのですが、ポンペオ国務長官は政権交代自体認めてないので斡旋をしていないはずです。どこ経由でセッティングしてんだろう
祝意以外に何を伝えるでしょうか。
儀礼だけだと馬鹿にされるし、さりとて「尖閣諸島は日米安保の範囲内であることの確認」なんて出来はしないだろうし、さりとて北朝鮮についてはオバマ政権は静観の立場だったし。