新着Pick
682Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
LINEニュースはエンタメ関連がPVの多くを占めていると見られ、記事中でも記載がある通り実際のサービスでも芸能人の名前がリンクとなっていてそこから関連ニュースを「検索」できるようになっている。
ニュース内に出てくる単一のキーワードだけを起点とする検索連動型広告ではあまり精度の高いターゲティングはできなそうだし使っているユーザーの性質的に高単価商材との相性も良くはなさそうだけど、どのような形の検索サービスになるのか。
9月末、11年続いたNAVERまとめが幕を閉じました。サービス終了は、単にLINEが「キュレーション」から手を引いたという消極的な理由だけではありません。

最近のLINEといえばフィンテックやAIなど、目新しい取り組みに何かと目が行きがちですが、LINEが「3度目の正直」で取り組んでいる肝いりプロジェクトをレポートします。

検索におけるGoogleの一強ぶりは先日NPでも特集しましたが、(https://newspicks.com/news/5347532)この市場で新たな戦いが生まれつつあります。
シン・ジュンホ氏については、NP編集部の2016年のLINE特集での下記記事も併せてご参照いただきたい。
https://newspicks.com/news/1533814

検索の時代の後にスマホが来て、フィード・プッシュなど受動的な時代が来たと思う。あとはオープンな空間からメッセンジャーのようなクローズド・プライベートな空間への変化。加えて、ネット産業やLINEのような企業が大きくなっていく中で、著作権のグレーゾーンへのリスク判断がより求められるようになった。
一方で、フィード・プッシュ・プライベートは、フィルターバブルやセレンディピティの少なさという課題もある。検索やスマニューのおすすめなど含めて、再度変化の萌芽を感じる。歴史は繰り返すし、特にネット・コンピューターは集中と分散、オープンとプライベート、能動的と受動的など、技術進化と併せて両極を行き来しながら顧客体験も進化してきた。
楽天のように、結局は金融にいくのでは?規制の問題はあるにしても、これだけの情報があれば、アントのようなことが日本でできそうなきがしますが。
確かにLINEニュース上で検索する行為はわかりますし、そのように誘導されている感じもあります。ただ、一つのプラットフォーム上でデータを集めて情報提供するやり方に新しい体験を付加するのは、普通に考えると難しそうな気がします。ユーザーとしては、LINEニュースである記事を見ると速攻で関連記事ばかり出てくるので、パーソナライズがひどいと感じることも。。

素人的にはちょっと後追いに見えてしまいますが、どんなチャレンジがあるのか楽しみにしています。
簡単です、まず、日本版WeChatを目指してください。

それが実現できれば事実上のスーパーアプリになれますし、そうなることで、ユーザー利益が大幅に向上します。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ZHD傘下のYahoo Japanとの協調・カニバリの回避という側面では語られていないのですね。
確かにLINE NEWSから検索へ飛べば上手くいきそうな感じがします。

【抜粋】
LINE NEWSの記事をクリックすると、芸能人の名前が青字になっており、そこから検索に飛べる仕様となっている。実はここには、NAVERまとめで、検索への導線を設定できなかった反省が生かされている。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート

業績

ネイバー株式会社(韓国語: 네이버 주식회사、英語: NAVER Corporation)は、大韓民国に本社を置く同国最大のインターネットサービス会社。1999年6月2日に設立された。2013年8月に「엔에이치엔(주)(NHN(株))」から「네이버 주식회사(ネイバー株式会社)」に商号変更した。旧社名のNHNは、“Next Human Network”の頭文字を取ったもの。 ウィキペディア

業績