新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事のストレスは 対人、コミュニケーションをとるとき感じる場合が多い。社内でのストレスとは違う 顧客とのストレス。
いかにこのストレスをコントロールするかが課題。
一人で抱え込まず、同僚に発散するのも一つの方法。在宅勤務も増えているので会話の機会が減っていることを意識して ちょっとした会話で気分転換も。
あまりにひどい客の場合は会社として対応をするなど、個人に負担をかけないアクションが必要。
「私を誰だと思っているんだ」

こんなこと言うのは、態度が悪い客の典型例の1つですね。そう言わなくても、特別扱いしてもらいたい人の態度が悪くなりやすい。

職場などで、不満が鬱積したりしているんでしょう。自分のためだけではなく、人を不快にさせないためにも、ストレスを解消しましょう。
・健全な経営状況
・際立った独自性
・やりたくないことが明確になっている
この3つがあれば、「態度の悪い客」と付き合う必要がないはず。
法人でも個人でも。
飲食店でアルバイトをしています。
お客様の中には態度の悪いお客様も居れば良いお客様もご来店されます。

良いお客様の場合は、人との接し方の参考になりますし
悪いお客様の場合は、反面教師にできます。

私は、もともとコミュニケーションが苦手なタイプでしたので、接客を勉強だと捉えています。

個人的な感想ですが、人とのコミュニケーションを勉強やゲームだと思いながらやるとストレスを感じるどころかとても楽しくこなせます。

誰の役に立つかは分かりませんが、とりあえずコメントしておきます。
男女のストレス発散方法が面白いですね。女性はおいしいもの、男性はお酒なのですね。
女性に限らないとは思いますが、割と自身をみても、発散型の人はため込まないで人に発散して聞いてもらうことが大事ですね。共感されることで解消することが多く、私も発散型ですが、発散して家で口に出しているうちに何のことにこだわっていたのか忘れてしまうことが多々あります。
人により最適なストレス発散方法を見つけてため込まないが何より大事ですね。直接会える時間が減ったからこそ、リモートでも話せる相手、ちょっとした雑談できる人との距離感をつめていく工夫をしたいですね。
どんな仕事でもストレスがかからない仕事はないので、その解消方法、発散方法を各々が確立していないといけないですよね。
私の周りには、目に見えないストレス量を数値化し、かかっているストレス量に応じて、行動パターンを分けて対策を講じている強者もいます。
ストレス解消法の違いが面白い。個人的には社内の上司や部下とのコミュニケーション不全が一番しんどかった