新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本国内だとメルセデス・ベンツが導入しています。フロントガラスではなく、カーナビの画面上にARということであれば他の会社も。

気になるのは海外の車だとナビのスマホ連携が結構一般的なのに日本だとまだ数が少ない点。

「こんな技術、可能なら以前からやっておけばいいのに」と思ってしまうところですが、装置の小型化や描画できる範囲、使える色の数などいろいろな課題があります。

あと、日本発のARアプリ、セカイカメラは登場が5-10年早かったですね。

日本初のARカーナビをベンツが導入。マイノリティ・レポートの世界もすぐそこに?【#88】
https://note.com/iwhododo/n/na6693e6792bb

ポータブルなのに大画面縦型! 後付けARナビが多機能すぎて衝撃だった (1/2ページ)
https://www.webcartop.jp/2020/09/589907/

最新光学技術で小型化と投写距離を両立! マクセル車載AR-HUD(ヘッドアップディスプレイ)デモカー試乗レポート
https://minsaku.com/category02/post304/

セカイカメラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9
これはベンツの新型Eクラスでも売りにしていたものですね。しかし、外車は総じて国産車に比べるとナビ性能自体がアレなことも多く、そのアレな性能をARで案内されてもアレなままである・・・という印象はやや受けました。本筋からは逸れますが。
戦闘機の世界では、20年以上も前から
常識の技術なので、個人的に新規感は無い。
やっと、できるようになったのかと思う。
値段を下げるのが、とても大変だと思う。
しかし、運転補助に多数のセンサーが
搭載されはじめている事を考えると、
当然の帰結かも知れない。
興味深い。身近で新しい媒体として期待したい。
今回ご紹介するモビリティスタートアップは、ARナビを手掛けるWayRay。小さなナビの画面がいずれなくなって、フロンドガラスいっぱいにナビの指示がでるようになるかもしれません。ポルシェやヒュンダイが出資しているというのも興味深いです…ナビをおさえると、次なるサービスへも展開が広がっていきそうです。
自動車のフロントガラス(wind shield)はきちんとドライバーが見た時に内部側に光の反射が起きないように工夫されている。また、飛び石の対策や防音性能も含めてブチラールを内層に嵌め込んだ合わせガラスとなっている。
こうした合わせガラスで強いのが積水。

HUDに関して言えば、記事でも指摘のある通り日本企業は日本精機が元々大きなシェアを保持していた。
目線を動かす量が減る事で利便性はもちろんですが、事故率の減少などの関係性が出てくると良いなと思います。
ドライバーに情報を与えることが重要なのか?

自動運転車の中で、搭乗者にエンタテインメント情報を与えることが重要なのか?

どの視点で考えるかで、いつ、何を開発すべきかが変わってきます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
すぐハードウェアの話になるけど、最新の3Dマップを提供する会社が、利益を独占しそう