新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
西洋の音楽に、他の文明の音楽と比べて普遍性があるということはないだろうと思います。18世紀以降、科学という学術体系を構築して、技術的、軍事的、経済的に優位になり、それとセットで文化も世界中に輸出された、ということだけであろうと思います。
 それはともかく、クラシック音楽であろうと、能や歌舞伎、陶芸、現代アートであろうと、およそ文化というのは大量に慣れ親しむことによってしか理解できません。つまり、理解する人が増えるかどうかは、慣れ親しむきっかけが社会にどれだけ多くあるかで決まります。クラシック音楽は、インド古典音楽や現代ロシア音楽に比べれば、慣れ親しむ場が多いといえるでしょう。
 慣れ親しむ場を増やすのに必要なのは、金です。欧米の場合、歴史上、教会、次いで王侯貴族、そして経済界が、音楽に慣れ親しむ場をつくることに資金を提供してきました。これは、古典的な音楽が、特権階級と不可分であり、古典的な音楽に慣れ親しんでいるのが特権階級の資格であったことと不可分です。
 日本では、古典的な文化を維持する特権階級は解体されたし、残っているにしても経済力を持っていないので、そんなに寄付はできないでしょう。
 日本人が文化に金を使わないということはなく、マンガやアニメ、ゲームへの支出は、世界的に見ても断トツでトップクラスです。階級社会のあり方が違う以上、欧米と同じようにはどうしてもできません。
ソニー元社長の大賀典雄さんなど、日本の財界には音楽と縁の深い経営者が多数いますが、IIJの鈴木幸一会長の音楽の支え方は非常にスケールが大きいです。控えめにお話しされていましたが、毎年、豪邸が建つほどの私財を音楽祭のために使ってきたとは驚きました。

2021年の東京・春・音楽祭の概要は、12月初旬に公開予定とのことです。
企業家の方がこうして文化芸術を支援するのはとても素晴らしいことだと思います。取り上げられていませんが、三木谷浩史さんは東京フィルを、孫正義さんは財団で次世代の音楽家(も)育成しています。かつては、大原孫三郎が大原美術館を作ったりしましたが、社会にとって足りないものを生み出すのが起業家精神だとすれば、慈善活動という以上の意味がありますね。
ところで、米国は寄付型、欧州は公的支援によってオーケストラの運営が成り立っていますが、個人的な趣味をこじらせて、以前、米国のオーケストラの運営を調べたことがあります。ある地方の中規模のオーケストラに聞いたところ、一度そこは倒産したけれど、地元の有力者5名が1億円ずつお金を出し合い再建したとのことでした。日本では考えられないことです。
しかし、ポイントは、やはり日頃からのたゆまぬマーケティング活動です。アメリカのコンサートに行くと、いかに満足してもらうかを地方のオケなどは特にちゃんとやっています。音楽教室や街角コンサートなどのアウトリーチ活動も盛んです。こういう地道な積み上げがあって、寄付が集まっているのだと思います。
日本の文化芸術団体はどうでしょうか。お金をかけずとも、もっと出来ることがある気がします。次の小澤征爾が出てくるのではなく、次の小澤征爾を育てていくことが大切に思うのです。
教育の中で、音楽は楽器を弾くことに重きを置きすぎている。まずは、音をどう楽しむかを経験させてあげたい。音楽に敬意を払い、共感することから全てがかわるはず。
大きな水風呂(大衆)の温度(興味)を上げるには、相応の熱量(情熱と資金)を投入しないといけない…ということですね。

すばらしい活動だと思いますが、これが個人ではなく、企業にも似た想いと行動があれば、もっと大きなチカラになると思います。

名古屋でも、CoCo壱番屋の宗次さんが宗次ホールで、市民に音楽を楽しむ場を提供いただけています。

できれば、宗次さんのインタビューも掲載いただければうれしいです。

https://munetsuguhall.com/about/

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
今回のコロナで地元に根付いている音楽祭とそうではない音楽祭の差がかなり如実に出た印象があります。

地元に根付いているクラシックやジャズの音楽祭は、ほとんど地元の祭りみたいになっているので、音楽愛好家だけじゃなくて、飲食とか地元の企業とかが積極的に支援していて、それで盛り上がっています。
なので、今年は開催できなかったけど、来年はやろうというモードになりやすいです。

仙台クラシックフェスティバルとかその好例ではないでしょうか。
*YOSAKOIとかジャズフェスと連携してて、その分だけ雑多な人が参加できるのがポイントかなと

音楽をハブにしつつ、敷居が低いというのがカギだと思っています。
私もクラシック好きですが、この敷居の高さというのは、ずっと課題だなと感じているので。
10年近く前に、鈴木社長の応接で音楽祭のこと、クラシックに対する情熱、オーディオ機器の話(自転車で秋葉原によく行く話など)などをたくさん伺いました。いつも「道楽です」と笑顔で仰ってました。仕事については皆さんもよくご存じのようにチャレンジャーそのもので、紹介いただいた若い部下の方々もその血を引いていらっしゃると感じたものです。

とても真似できないんだよな~ あの器のでかさ!
企業利益の1%を芸術活動にあてる。そういう国にしたいものですね。
「払い戻しの際は海外なら寄付の形をとられる」とありましたがその精神が日本人に根付かないのはなぜなんだろう…こうやって私財を投じて支えられた方には尊敬の念しかない。もっと芸術全体に対する持続的な仕組みを多くの人を巻き込み作ることが必要ですね。
ほんとにすごい経営者。
この連載について
教育・教養の話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
株式会社インターネットイニシアティブ(Internet Initiative Japan Inc.、略称IIJ)は日本の電気通信事業者である。東証1部、米NASDAQにおいて株式公開している。外資(1992年12月、。 ウィキペディア
時価総額
3,259 億円

業績