新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「失われた30年」に関し、少し前に読んだ本に、戦後の日本は戦後復興・経済回復という明確なミッションがあり、国をあげて同じ方向に強力な推進力を持って進むことができた。今は、課題先進国として取り組むべき課題が増えすぎて、どこから手を付けたら良いのか誰もわからない状態になっている、という内容を読み、強く納得したのを覚えています。

世界の金融情勢や、最先端のビジネストレンドに敏感なVC業界が活性化され、自分の周りの同世代も「VCになりたい」という人も増えました。このようなビジネス第一線の知見と、広い意味で「どのような事業に投資すべきか」という議論が交わっているのも最近よく見ます。どうしてもお題目的になりがちなSDGsのような大きな問題も、日本から解決策を提案できるようになるといいなと思います。
記事中でも少し触れられていますが、アメリカ経済におけるVCの役割は非常に大きいです。カウフマン財団の調査によれば、1977年以降に産み出された2500万の純雇用の大半がVCに支援されたスタートアップの貢献によるものというデータもあります。

日本のイノベーションを強固なものとするにはVC産業の拡大と成熟は必須だと思いまず。また数多くのVC関係者の方々が業界の活性化のためご尽力されていると認識しています。一方でファンドフォーメーション、投資先の評価法(公正評価の実施等)、キャピタリストの教育などグローバルと差があるのも事実ではないでしょうか。鶏と卵な側面はありますが、VCがレベルアップすることで、機関投資家からしっかりとした投資を受けられ、スタートアップに対してもよりディシプリンをもった継続的な投資が行える土壌が高まるはずです。

アメリカ拠点のVCに身をおいてはいますが、様々な形で業界の拡大と成熟に寄与できれば幸いです。
上場準備(上場後も含めてですが)では様々な不測の事態が発生します。私はドラマと呼んでいるのですが、各社各様のドラマがあって興味深いですし、一緒に乗り越える度に社内外の関係は強くなります。

以下、抜粋ですが、熱い話
勝手にしろと言われたので勝手にジャフコを辞めて、その後は毎週サイボウズ本社のある大阪に東京から通って必死でやりました。懇意の監査法人の先生に頼んで、その先生のチームと社長と私で上場準備をやりました。
赤浦さんのインタビュー。投資家としてずっと最前線で張り続けているだけに、その言葉には迫力と自負と責任を感じる。
この中でNTVPの村口さんがアメリカに行って言われた「あなたが会社員であるなら、それはベンチャーキャピタリストとは言えませんね」という言葉を、自分は深く受け止めておきたい。
1996年に始まる日本の独立系VCを牽引してきた先駆者のインキュベイトファンドの赤浦徹氏に、Coral Capitalの西村がインタビューしました。

VCの30年史と今後の展望などお話いただいています。日本のVCはかつて会社型VCのみだったところに、個人型VCが出てきたという話や、その転回点は22年前のサイボウズへの投資だったことなどをお話頂いています。
熱いインタビューですね。ワクワクします。
こんな風に高い志を持って仕事をしてこられているのは本当にすばらしい。

私自身は性格的に「ある企業に惚れ込んで投資を決める」というのは得意でなさそうなので、バイアウト型ファンドやっていますが、時々本気でベンチャーキャピタルやってみたいと思うことがあります(笑)。
読んでいて胸が熱くなりました。
ベンチャーを起こす、サラリーマンを辞めてかいしゃをおこす、インターネット産業にいるととても一般的になったと思いますが、それは間違いなく周りの影響です。
先輩、同じ世代、後輩といろんな世代の人たちが大企業を辞めて入ってきたり、一度もサラリーマン経験なく入ってきたり、この最大の要因は独立系ベンチャーキャピタルの先輩たちが道を切り開いてくれたからです。
ザ・男気ストーリーazs!
サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
時価総額
1,353 億円

業績