新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上院の共和党支配が株上昇の要因として大きいと米国の主要経済メディアも報じているけど、バイデン勝勢でのナスダック100の5%もの急騰は予想外だった。短期的な相場動向の予測は困難で、それが故にマーケットに居続ける大切さを感じた1日 #米株 #大統領選
株式市場は「バイデン政権誕生」を前提に動いているのだろう。上院を共和党が制すれば、民主党の独走を阻止することになり、議会での共和党のチェック機能が働く。バイデン政権になれは米国のWHOとTPPに関する政策は大転換となり、日本と韓国との関係では摩擦を回避することを考慮する政権になる。 日本にとっては悪くない展開。
上下院ねじれを株式市場が期待するとは、いかにバイデンが市場から期待されていないかがよくわかる
ペンシルバニアまで持ち越され、ドロドロな訴訟合戦で大統領が決まらない状況ができるリスクが減ったのと、何より上院を共和党が死守したことで、大統領、上下院全てを民主党がとる「ブルーウェーブ」が阻止されたことに好感。

大幅増税や公共事業への大幅投資などは議会を通らない。実際できることは超党派で合意できること。つまり強硬な対中政策くらい。
最近のNY株高はバイデン氏の勝利を織り込んだのか、トランプ大統領再選を織り込んだのかわかりません。
今後どのようになるのか今晩目が離せませんね。
続伸が突如終わり、ドーンと大きな下げが来るような気がしてならないが、この伸びはいつまで続くか?
4日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、前日比367.63ドル高の2万7847.66ドルで取引を終えています。一時、800ドル高になる場面もありました。