新着Pick
227Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
商社らしいポートフォリオ分散で、コロナのプラスとマイナスが一定相殺して、悪くない決算で着した模様。コロナのリスクは固く読み、アップサイドは保守的に織り込んでいたのでしょう。

CITIC(上場株)の減損リスクはかなり心配。株価ですが、2020/3/31で8.11HKDが、今や5.75HKD。正確な簿価は調べないとわからないが、かなり減損リスクが高い状況で、そのインパクトは甚大。

・・・・・・・・・・・・・・・
4―6月期の1048億円に対して、7―9月期は1477億円(前年同期は1418億円)と、大きく改善している。情報通信関連、北米の住宅関連、手袋などコロナ関連での衛生用品や畜産関連事業などが寄与した。

新型コロナウイルスの影響は、上期で400億円・通期で600億円程度になるとの見通しを示した。コンビニ事業が都心部や観光地の店舗で影響を受けているほか、繊維やアパレル事業、輸送用機械などもマイナスの影響を受けている。
情報通信、住宅系が寄与していますが、コンビニ系は大打撃。資源依存が少ないので、その点はほかの商社と異なっています。今や、日本の商社の代表銘柄となった伊藤忠。いまは打撃を受けていますが繊維や生活産業に強い。タイ、中国CITICにも強い事業基盤を持ち、資源利権とは異なる様々な資産をもっています。ウォーレンバフェットも注目した、日本の商社。その経営が世界にほかにない独特なモデルなだけに日本発のユニークな成長モデルを描いてほしいです。
伊藤忠商事は4-9月期の連結純利益が2,525億円になったと発表。これは、歴代第3位の高水準だそうです。
決算関連資料(短信など)はこちら
https://www.itochu.co.jp/ja/ir/financial_statements/index.html
CITICがおそらく強制減損ぎりぎりセーフかな。減損よりもどうCITICが中国展開にテコになるのか説明を改めて欲しいところ。
他商社と比較してもうまく分散されたポートフォリオからの底堅い収益の積み重ねと、第一四半期の時にアナウンスがあった経費削減の努力がこのような結果に結びついた模様。
三菱商事を抜かして、いよいよ名実共に総合商社1位が盤石のものに?岡藤CEOの手腕。
古くはアパレル、小売やITと必ずしも資源に偏重していないポートフォリオが今後どう業績に左右するか。
非資源事業の強化を進めてきた伊藤忠、時価総額もひとつ抜けている。
同じ総合商社でも大きく差がついてきた印象
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.02 兆円

業績