新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
改めて敵対的TOBというのが何に対して「敵対的」なのか、ということを考えさせられる内容のニューズですね。

敵対的TOBというのは、Buyer側のTOB提案に対して、買収対象企業の取締役会が賛同しない、ということになります。株主利益の代理者である取締役会が賛成しない、ということは、TOB提案が株主の利益にならない、と表明していることそのものになりますので、こうしてTOBが成立した後に、TOBに反対していた役員が総入れ替えとなることにも一定の合理性があります。

取締役会としてTOBに反対すること自体にも相応のリスクがあるということの証左となる買収案件になりそうです。
この記事で知っておくべきことは、「敵対的TOBが成立した後の」経営陣の大幅刷新であると言うことです。

買収成立後の第二章が今日スタートしました。敵対的買収後のPMI事例は日本では多くないので、その観点でも注目です。
大戸屋は、勤めていた監査法人が公開準備からお付き合いしたので、当時創業者の思いはよく聞かされていました。そして、池袋店のサバの味噌煮定食は監査法人のメンバーで食べに行ったのを覚えています。
大戸屋はその強い思いを持っていた創業者の急死と、その後創業家との関係悪化が、今回のコロワイドによるTOBへ結局繋がったと感じています。
創業者の急死が早すぎて、個人経営から完全に脱却することが出来ないまま、今日解任された取締役陣に委ねられたけれども、結局難しかったのでしょうね。現取締役1名を残して取締役刷新。コロワイドならば業績を回復できるという保証は感じられない中で、厳しい門出だと思います。
とはいえ、コロワイドも本気なのでしょう。創業者の息子が代表取締役になるわけですから。
サバの味噌煮定食の味が変わるかと思うと寂しいというのが個人的な感傷ですが、そんな場合ではないですね。
敵対的買収の「敵対的」というのは❝現経営陣にとって意に沿わない❞という意味であって、現株主や現従業員にとっては敵対的どころかウェルカムであったりするケースもあります。

いわゆる敵対的に乗り込んでいって、そんなやり方でうまく行くのかなあと感じるケースもあるし、敵対的買収者を歓迎する現従業員のその考えは甘いのになあというケースもあり、それこそ千差万別です。

ただ、このように株式市場(株主)がプレッシャーをかけることによって、企業や経営陣に緊張感をもたらすことはとっても良い流れだと思っています。
コロワイド傘下になったからといっても安泰ではないでしょう。大戸屋のブランドイメージも相当毀損してしまったと思います。
新しい経営陣になって、どのような事業戦略や業績回復のための施策を取るかと言うことの方に注目していきたい
まぁ美味しい定食を提供してくれて、社員さんが働きやすければ、誰が取締役でもいい。
株式会社コロワイド(英語: COLOWIDE Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市西区に本社を置く、外食産業を中心に展開する複数の事業会社を統括する持株会社。東証1部上場。 ウィキペディア
時価総額
1,459 億円

業績

株式会社大戸屋ホールディングス(おおとや-)は日本にあり、下記の株式会社大戸屋および海外で飲食店事業を行うほかの事業会社の運営を行う持株会社。また、株式会社大戸屋(おおとや)は、和定食を中心とする外食チェーンストアを運営する企業である。 ウィキペディア
時価総額
202 億円

業績