新着Pick

教員処分歴の閲覧、私立学校の利用は1割未満…わいせつの過去知らず採用の懸念も

読売新聞
文部科学省が全国の教育機関に利用を求めている教員免許の失効情報を確認できる「官報情報検索ツール」について、私立学校を設置する学校法人の利用が1割未満であることがわかった。わいせつ行為で懲戒免職処分となる教員は増加してお
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これ通常の採用にもいえることで、いざ採用活動しているときに、過去の犯罪歴などを確認するかというとしたことがないのが正直なところです。ただ、教員が異なるのは、同じ環境化に戻り、かつ子どもたちを対象にしていることでしょう。

キッズラインの事件を踏まえて、犯罪歴のあるベビーシッターが共有されるデータベースが構築されるようになります。

例えば、イギリスの犯罪歴チェックシステムDBSでは、ボランティアなどを含めて子どもに関わる全ての領域でデーターベースへの登録が義務付けられており、その証明書が必要になります。

データベースを構築することが目的にならず、しっかりと実運用をして最大限犯罪を未然に防ぐ姿勢と努力が必要でしょう。
教員時のわいせつ行為などでの処分歴:共有して再度採用されてほしくない

性犯罪歴:問答無用でだめ

傷害等の犯罪歴:これもだめだろう

その他の犯罪歴:内容による?


と整理して思ったのだが、処分歴って必ずしも犯罪歴にならないんだよね。わいせつでも体罰でも。なかなか難しい。

一切の犯罪歴を許さないというのは、世の中の大勢だろうが、それも理解できる。それは犯罪からの再生を許さない社会ではあるので厳しいのだが、生徒に直接関わるような処分を受けた人は、教育という場にそぐわない。
「私立学校の場合、採用は公募もあれば、卒業生を中心に行われる場合もあり、少人数の募集が一般的ということもある」とのことで身元保証には別の担保をしている様な気もしますね。