新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セブン&アイ・ホールディングスにとって過去最大となる、コンビニエンスストア併設型ガソリンスタンド「スピードウェイ」部門の買収。
https://toyokeizai.net/articles/-/367654

「スピードウェイ」の店舗数は約4,000店とのことなので、最大300店の売却はよくあるM&A後の不採算店舗からの撤退や、独禁法関連対応の一部の可能性が高そうです。

ちなみに、マラソン・ペトロリアム本体は原油価格急落を背景に製油施設の一部を停止しており、従業員の12%をレイオフと9月に報道されていました。
https://jp.reuters.com/article/marathon-ptrlum-layoffs-idJPKBN26L3VI
日本のコンビニとは違い、米国はGSにコンビニがついている。なのでMarathonという石油系企業がコンビニを運営していた。
そのなかで日本のコンビニではよく知られる「ドミナント」がどれだけ効くのかは分からない。ただ小売の一般論として
a) 地域ドミナントになることによって、配送・認知効率を上げる
b) 他社のシェアが下がったところで過剰配置になっているところを減らせば、残っている店舗の売上が大きく増えて利益率は上がる
となる。
米セブンとMarathonは買収時の資料を見ると(①、スライド20)、そこまで重複店舗はない。ただ重複していて、かつ他社の攻勢が弱いところであれば上記のbの観点で重複店舗削除はありうるかも。
買収時の解説記事(②)のコメントでも地域ドミナンスについても触れており、併せてご参照いただきたい。

https://www.7andi.com/ir/file/library/ks/pdf/2020_0803ks.pdf
https://newspicks.com/news/5123277
売却の理由は様々でしょうが、①店舗の重複(個店間が近過ぎる事が、店舗法、フランチャイズ規制に抵触) ②小売店面積が小さくセブンイレブン転換後の売上増が期待出来ない ③コロナ禍で売上が激減し、今後も上がる見通しが少ない ④そもそもコロナ/買収前から不採算店 ⑤フランチャイズ/メガフランチャイズで、セブンイレブン転換への合意ができない店舗

と言うところでしょうか?

何にせよ、日本のファミマもサークルKサンクス買収時には純増になってないので、順当な流れかと思います。売却できるだけ良し。フランチャイズや直営店を売却できるのは、アメリカらしくて良いです。日本なら、ファミマが買収したサークルKの店舗をローソンが買うとか無い話ですし。
米石油精製会社マラソン・ペトロリアムのコンビニエンスストア併設型ガソリンスタンド「スピードウェイ」を買収したセブン&アイ・ホールディングスですが、「買収完了後に、ガソリンスタンド最大300店の売却を検討している」とのこと
多店舗型のM&Aでは、不採算店舗を引き取らないや売却・閉店するという話は付き物なので、既定路線だと推察されます。
不採算店舗、重複店舗の売却でしょうね。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.02 兆円

業績