新着Pick

「都構想もう挑戦しない」と吉村知事

共同通信
「都構想もう挑戦しない」と吉村知事
498Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
現状問題ないから変えなくていい。これは維新の政治による賜物だ。今は維新で揃ってるのもあり、確かに以前よりは問題は減った。この状態を継続していくために都構想は必要だった。

大阪市がなくなるのは嫌。これはまた感情論。

コストがかかり、住民サービスが低下する。既得権に溺れる政治を維持しようとする自民党や共産党からは利己的な政治をしているようにしか見えない。彼らは自分たちのために平気で住民サービスを低下させることもする。毎日新聞の事例はそれを象徴している。

大阪にいる維新の人からは利己的な政治をやっているようには感じないし、より良くしていこうという姿勢の印象が強い。例え都構想が実現し、最初はうまく機能しなかったとしても、彼らならより良い大阪を作る為に全力で尽力しただろう。

60代、70代の意思を尊重した結果となった。10年後、彼らは大阪を背負うのか。維新の政治が指示を集めたが故に、変わることを良しとしない20代が増えてしまったという悲喜劇的な現実。
人気 Picker
時代の変化を感じます。橋下徹氏が掲げて賛否の渦を巻き起こした「都構想」の旗が、二度の住民投票をへてその論争の決着をみたということなのでしょう。松井市長も、今期限りの引退を表明しました。橋下氏自らが旗を振った前回の住民投票は私も現地に取材に行きましたが、独特の熱気を特に若い人たちから感じたものです。

しかし、プレーヤーも時代も変わり、強固な基礎票を持つ公明が反対から賛成に転じたにもかかわらず、結果は変わらず僅差の反対多数。これは、いったい何を意味しているのか。立場によって賛否の違いはあると思いますが、そもそも賛否真っ二つに割れて僅差になったまま動かないこと自体、政治的には苦しい政策なのだと思います。
日本の地方(東京以外)から大きな動きが起こるか、と期待していたのですが、残念です。現状維持だと世界的に見て相対的にステータスは下がっていくことになるのかなと思うので、ここで諦めずに上を向いて歩いていただきたいです。
日本はもう変われないの象徴になってしまったな
憲法改正の国民投票もこうなってしまうのだろうか
大阪都構想、どう合理的に考えてもやるメリットしかない。菅さんとの関係性を考えても、ここで勝つと維新の発言権が圧倒的に高まって凄く良いポジションをとれた。これからの世界での都市間の争いのなかで、重要な都市になれる可能性もあった。けど、これで全てが終わり… 維新の未来も暗澹としたものにしかならない…

既得権の強さ。変革への拒否感。シルバーデモクラシー。日本で大胆な変革は極めて難しいことが明らかに…

大阪が世界の中で輝ける都市になる、その可能性を自ら台無しに。これからの大阪は衰退する日本の一地方都市。その未来しかない。まあ、それを選んだのは市民。ああ無常… 民主主義よ民主主義よ…

これは大阪の未来だけに留まらず、日本の未来を暗示してる気がする…

大阪市民アホやん…(泣)
今は大阪市民ではないですが、大阪市民だったら自分たちが政令指定都市からグレードダウンされることについて、それ以上の嬉しさを感じないと賛成票を投じることはできなかっただろうと思っています。

専門分野からコメントさせてもらえば、政令指定都市から特別区になれば、固定資産税、都市計画税などの財源が大阪府に召し上げられ、デフォルトで入ってくる税収が激減するのは反対派の言うとおり。ただ、大阪府に吸い上げられた税収は特別区に落としますよ、と約束することで住民サービスは維持します、というカラクリですが、大阪市民が大阪府知事にお願いしなくてはならない構図を知ると、やっぱり諸手を挙げて賛成!と言えないのは仕方ないかな、と思います。
今日聞かれたら、そう答えざるをえないでしょう。「相手」がいる以上、何か別の前向きなことを考えたほうが生産的だという気がします。
いい意味でも悪い意味でも、大阪府と大阪市がいい関係になってしまった結果かもしれませんね。
人は変われど、制度改革の流れは次の人たちに受け継がれるでしょう。

大きな挑戦をしたこと自体を、私は評価したいです。
「変わる」というモメンタム自体が若さとかそういうものに支えられていて、地方はどんどんと歳を取る中で「変わらない力」が強くなっていく。これは都構想の善し悪しに関わらず
大阪が変わる可能性があっただけに、今回の住民投票の結果は残念でした。
しかし、少しきつい良い方かもしれませんが、維新の会に油断があったのではないでしょうか。
府知事、市長の入れ替え選挙で大勝して、公明党を説得して、2025年の万博を誘致して、コロナ対策で評価を高めて勝てると思ったのでしょう。
住民投票の直前まで、賛成が上回るという世論調査が殆どだったので、府民への説明が足りてなかったのだと思います。