新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
適切な対応と元気があれば、大型イベントもできる!
〉ドイツ・ハレ大学の研究チームは… 会場の定期的な換気が鍵を握り、加えて来場者制限やマスク着用などの条件を守れば、コロナ流行下でも大型イベント開催は可能と結論付けた。
人気 Picker
書かれていることは、これまで熱心に学んでこられた方にはもしかすると全て当たり前のように聞こえるかもしれません。

しかし、理屈上分かっていることでも、このように現実世界でどうかと確認する作業は、「机上の空論」で終わらせないために、将来につなげるために、とても大切なことです。
トイレはどうだったんだろう?
観客が見てるだけの時は大丈夫としてあと行くのはお手洗い。ここでどうなのか気になる…
「社会実験」の積み重ねが進みます。
結果は、国境を越え、瞬時に共有されるというのが過去のパンデミックとの違い。

「会場の換気が感染リスク低減に決定的に重要で、定期的に新鮮な空気を取り入れる必要があると指摘。
適切な来場者制限や社会的距離の確保、観客のイベント中の着席とマスク着用、席に座っての飲食なども不可欠だと分析した」
「定期的」が、より具体的な指標になると良いですね。時間軸基準だけだと、広い地下室で、チロッと小窓が開いてるだけみたいなこともありますよね。
あとは、トイレで出たら手指消毒できる。
距離取れない中でのマスク外しての会話禁止。
くらいですかね。ちゃんとやれば恐れることはないとは思います。
フジロックも出来そうかな。
リスク犯して大型イベントするくらいなら、オンライン、中小規模のイベントを活性化した方がいいのではと思ってしまう。

私は娯楽と健康なら健康を取る。

追記
記事として科学的に大型イベントを行なっても大丈夫ということ踏まえた上での発言。人は理論通りに動かないし、心情的にも強いインセンティブがない限り人混みに行きたくない。
緊急時はやってはいけないことを決めるのではなくてやっても良いことを決めようって3月ぐらいからずっと言ってるんだけど、やっと動き出した感じですね。