新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デジタルディストリビューションはソニーのラストピースです。もっと必要かつインパクトの大きな領域です。これは非常に大きな動き。このアセット自体がどうかという評価はさておき、買収対象も極めて限られている中(&高い)、現実的な候補として白羽の矢がやったのでしょう。

これが成立すれば、二の矢、三の矢の買収も想定されます。大きなステップです。必要な手を確実に実行しているソニー経営陣、尊敬しかありません。


ちなみに、先日の決算時に私が書いたコメント(デジタル配信が次のピースと指摘)をご覧ください。いきなりこういう動きが出て、さすがソニー経営陣と思いました。深い意味はありませんが、タイムリーすぎて驚きました。

https://newspicks.com/news/5342080?ref=user_2108147
ソニーはもはやハードではなくソフトで攻める時代になってきている。アニプレックスのゲームやアニメ、そして、映画が営業利益の6割となり稼ぎ頭になっているのでクランチロールのような配信プラットフォームの買収はアリだと思います。

村上さんのコメントにもあるようにグローバルで勝負できる数少ない会社の一つであり、クランチロールがその一手になる可能性を秘めていると思います。日本発グローバル企業としてソニーには頑張って欲しい!
ソニーはテキサスのFuminationも買収していますが、こちらはネット配信サービスというよりはドラゴンボールやヒーローアカデミアの北米権利者という位置づけ。ドラゴンボールが圧倒的に強いので存在感は凄いですが、ヒット作品の権利を取り続けていかないといけない業態でもあります。

一方でCrunchrollはいわゆる“Anime”のサブスクリプションサービスとしては北米最大であり、この分野においてNetflixやAmazonも作品ラインナップでは敵わないほどNo.1。これを手に入れたら、ソニーは北米のAnime業界では圧倒的です。

個人的にはぜひ日本企業のソニーにCrunchrollを手に入れてもらいたいです。
コンテンツはやっぱり通信業が扱うよりスタジオが扱う方がいいですね。
スタジオvs通信のコンテンツ覇権争いは新興勢力も交えて三つ巴的になってましたがやはりコンテンツ扱いに勝るスタジオ系の会社と変に昔からの企業文化に縛られずに済む新興勢力に一日の長がありますね。
企業文化がいかに大事かをあらためて感じます。
これは凄くシナジーも意味もある買収になると思う!


ソニーは世界で7千万人の顧客を抱えるクランチロールを買収する方向で最終交渉に入った。買収金額は1000億円を超える可能性がある
ファニメーションを持つソニーが、長きに渡り切磋琢磨してきたライバルであるクランチロールを買収したら、米国における日本アニメ配信サービスはほぼ独占だ。

米国ではもともとこの2社が競い合っていて、そこにNetflixとAmazonが殴り込みをかけた。
Netflixは大きなタイトルだけ(例えば攻殻機動隊など)には制作会社から抑えて投資している。また、Amazomも一時Anime Strikeという日本アニメのオプションチャンネルを2017/1にスタートした。

ただ、4社が競争したとき、日本アニメの放映権が高騰し、市場は一気にレッドオーシャンになった。そしてAmazonは1年程度ですぐに撤退した。。

この買収が成立すれば、海外における日本アニメ市場というオーシャンには"凪"が訪れるかもしれない。
大ニュース。クランチロールは当初、著作権侵害でガタついたが、テレ東や角川との契約などを経て日本のアニメを世界に配信する立役者となっていった。日本企業が持つとなると意味は大きい。
ソニーが権利を持つ鬼滅の刃は海外では子供には見せられないコンテンツになるとは思いますが、Netflixが開拓してくれた大人のアニメ市場では有力なコンテンツになるかもしれません。でも配信サービスはソニーとしては未経験。うまくいくといいんですが。
おー、クランチロール!日本のアニメはIPが色々複雑な構造だが、こういう出口を持つことと、日本のアニメ・漫画IPを上手く自社内に収めたり協業ができると、ソニーにとっても日本のコンテンツ文化にとってもプラスになるのではないだろうか?
おもしろいが、ソニーにクランチロールを御せるのかなという不安が。まじめ、がんじがらめにやりすぎて、ファンを失うとかありそう

業績