新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さすがWaymo、社会ニーズがどこにあるかを正確に把握していますね。

TeslaはAuto Pilotを「毎日、朝晩、101号線の大渋滞にはまって運転している人たち」の苦痛をなくすために提供しました。

日本でも、高速道路上に限定した自動運転に近いサービスがありますが、乗用車で毎日、高速道路を長距離走る人たちは、どれだけいるでしょうか?

長距離、長時間、毎日…これらのキーワードから導かれるのは「長距離トラック」ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
下記のUberの貨物事業の外部連携とは違う意図に見える。Uberはデータの方に見えるが、こちらは自動運転のための技術。
Google Mapなどから持っている交通データもAlphabet全社としては大きい資産なわけで、データ含めての連携も起こっていくか注目。ただトラックはBtoB、「顧客を取ってくる」という観点でリアルの接点は重要(ここの部分は顧客は自動運転かどうかは気にせず、適切に安く届くかが全て)。BtoCの配車アプリなどに比べてそこは簡単には広がらないと思うが、一方で広げられたところの障壁はより強いものになると思う。
https://newspicks.com/news/5275446
ウェイモは、10年以上に渡って培った自動運転技術を、ダイムラーが展開する「Freightliner」ブランドの大型トラックに搭載
ウェイモはダイムラーのトラック部門と提携するのですね。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
144 兆円

業績

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績