新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういうこと(買収合意した後に買収側のLVMH側から撤回)をしてくるのを見ると今後交渉する際に信用できないという印象を持たれがちだとは思うが巨大帝国LVMHを前にしてそうはならないのか。
夢を売るブランドの裏にある、株主の期待値という現実。
Tiffanyの株価を過去5年ほど見ると(①)、常時は80~100ドルほど。そして買収観測などが出ると120ドル以上となる。破断の話がでて115ドルほどに下がり、最近はジワジワ上がってきて最近の報道で130ドルまで戻している。以前買収合意したときは初期提案一株当たり120ドル(現金)、合意は135ドルだった。③のBloomberg記事を見ると、直近のLVMHの提案は131.5ドルの模様。
株主からすると、買収されるほうが良いというのが株価が顕著に示していること。またLVMHにとってもブランドと時間を買うという点で一定の合理性がある。だからこういう話になってくるし、期待値も上がる。
ただ131.5ドルと前回の135ドルで3%弱の差。コロナで想定できない期間があったとはいえ、撤回・再議論で失った時間や関係性は結果論として大きかった。もちろん、そのままもっと激しい経済危機になっていたら悪い買収だったと非難されるし、今もまた再燃してきているので分からないし、安いときに買っても必ずしも成功するわけではないので本当に難しいのだが…
https://bit.ly/2HG9Si6
https://newspicks.com/news/4362486
https://newspicks.com/news/5344409
(クロスボーダー)M&Aを考えている日本企業には本当に勉強になるケースではと思います。こうした海千山千を相手にする、すべては交渉で「フェア」なんて言葉はあってないようなものだということも。
買収価格の引き下げを協議しているとの報道がすでに出ていますが、AFPの報道では「、LVMHが当初の案で提示していた1株135ドルの買収額を131ドルまたは131.50ドルに引き下げることで、両社は仮合意に至った」とのことです。

仏LVMHと米ティファニー、買収価格引き下げで協議=関係筋(Reuters 2020/10/28)
https://newspicks.com/news/5340410
想像したより額が少ない印象。

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201029/mcb2010290823016-n1.htm
>約162億ドル(約1兆7千億円)から約4億2500万ドル下がるという。
自粛生活でも欲しいなと感じるのは、ティファニーの方なのです、個人的な嗜好だと思いますが。
ただ、ブランド品は結局は人が見ることを前提に成立するものなので、コロナ禍ではブランド価値を充分発揮出来ないように感じます。

業績

業績