新着Pick
537Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
観光産業は、国内旅行市場(日本人による日本旅行市場)で20兆円超のある巨大産業です。で、通常は、日本人による海外旅行(約4兆円あります)は、外国に流出してしまう消費ですが、これが今は国内に留められている。(そのため、GOTOの割引率もあり、高級ホテル・高級旅館が人気です)
インバウンド市場(2019年時点で約5兆円)がもどってくるまで、観光産業が雇用を維持し、持ちこたえるためにはGOTOトラベルの延長は良いことだと思います。

菅内閣は、インバウンド市場、2030年に6000万人をお迎えし、15兆円の国内消費を創出する目標を変更していません。
しかし、インバウンドが戻るころに、国内の観光業が倒産、人材流出した後では、いくら需要があっても肝心の受け皿がないということになってしまいます。

将来の35兆円産業(国内市場+インバウンド市場)は、GPDナンバーワンの産業にもなるうえ、地方経済への影響も甚大です。それがコロナ禍で消滅してしまうリスクは、日本として取るべきではありません。
いかに閑散期に旅行を盛り上げて、需要を平準化するタイミングまで伸ばすかが重要だと思います。
間違っても、公明党が言ってるような来年のGWまでとか反動を大きくするようなことは避けていただきたいものです。
原資は結局は税金ですから、納税者ほど使わないと損した気分になるのがGo to トラベルですね。

延長してくれるのは有り難いですが、観光業もいずれは自力で継続していく必要がある訳ですから、どこかのタイミングで打ち切るのが筋だと思います。
となると、自力でやりやすいGWは、Go toトラベル無しでやってみて欲しいです。
来年オリンピックがあるかどうかで、日本、特に関東圏は人の動きが随分変わると思われます。その辺りと整合性を取る必要があると考えます。

あと、全般的に、この補助金のおかげで、事実上の言い値になっている宿泊費になっているのにサービスが今ひとつだと、Go to トラベルキャンペーンが終わった後、大変なのは宿泊施設かと。この環境に慣れてしまうと、終わった後のギャップもまた大きくなります。
観光産業は、日本の主要産業で産業の裾野も広いため、延長には賛成です。

開始前に言われたクラスターもほとんど発生せず、先行して実施していた都道府県独自の旅行クーポンで予行演習をしていた成果ですね。

ただこうなると、どのように着地(終了)させるか。家電クーポンでもそうでしたが、反動による需要の落ち込みが激しいことになります。

先日JRも発表した「ずらし旅」を推進しては?
・平日にずらす
・地域で割引率に差をつけてずらす
・割引対象者をずらす
・飛行機・電車など交通手段でずらす
・年末年始など連休は対象からはずしてずらす
いろいろとあるのでは。ずらしながら徐々に減らして反動を減らしたいですね。

Go to の割引は、私たちの税金なので有効に活用してもらいたい。
来年以降も平日、閑散期は永年続けても良いのでは?税金の使い方として投資効率いいですよね。GWや年末年始、お盆はやらなくてもパンパンになります。
普段は泊まらない東京都内のホテルや近郊の宿泊施設などに泊まる機会になり消費者としてはとても楽しい。
地域共通クーポンはコンビニやドラッグストアチェーンでも使えるし、一気に普及させた感があり本気度を感じます。(弊社FABRIC TOKYOでも使えます!)

消費者目線からのトラベルサイトで割り当て分が人気サイトから順に(楽天トラベル、一休、じゃらんなど)枯渇してしまうということですね。中小規模のOTAへの支援を必要なためこの構造はわかりますが、どうにかならないものか。(あくまで消費者目線の話)
観光地のご支援先の数字を見ていても、Gotoトラベルの恩恵は強く感じます。有り難いという前提ですが、やはり平日と土日の差は非常に大きく。延長する上でこの辺りも是正入るかなども気になります。
観光産業が衰退してしまうと海外からの人が入ってきたときに受け入れ先がなくなってしまうし、持ち堪えてもらうためにも重要な施策であると思います。

ただ休みが固まっていたり、そもそも旅行をする余裕がある人前提だったりで、混雑での感染拡大への懸念や不公平感を感じる人もいるとは思うので、調整は必要な気もします。
来年の東京オリパラまで頑張るのでしょうね。
本当に生きるのも辛い人たちに命をつなぐ支援がなおざりにされませんように。
特定の産業への国費投入による、一点突破型の産業振興は、その波及効果の見極めが大事なように思うが、なぜ観光業や飲食業なのだろう?

目立つのでパフォーマンスにはちょうどいいということか?

この辺の説明がないので、利権も私物化の臭いが消えない。