新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「受動的に観るのではなく、好奇心に導かれて」がとても大切です。 同じ時間を使っても 得るものは大きく違う。
好奇心が観る力を高める。

多くの人は、固定観念や先入観によって、見えていないものがたくさんあります。見えていないというより、見ようとしていません。

好奇心がふくらみ、なんだろう?どうしてだろう?という意識が、観る力を高めます。

シンプルな習慣で、誰だってダ・ヴィンチのように知覚力を磨くことができますよ。
非常に興味深いですね。眼では見えないものを脳で見る…自身の好奇心をに従い、What ifの視点で制約など設けずに自由に思考すること。言わば、妄想力ですよね。頭のイメージをメモに描写する。手を動かすことで脳を刺激し、自らの独創性が高まる機会にもなると思う。メモに落とし込むという"初動"が如何に大事であることは凄く同意できる。頭の中に留めておくとアイデアは曖昧な状態のまま消えゆくものとなる…。絵に落とし込み、自身のアイデアを形に変換することは、自ら気づいていないものも見えてくることに繋がる。無心に描き込み、想いを重ねていく過程で、ペンが走るあのリズム感は高揚しますよね…。
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア