新着Pick
357Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「Beyond MaaS」、良書です。
MaaS自体の基礎知識を抑える上でも非常にわかりやすいですし、日本と海外での目指すべき像の違い、各業種への影響・どのようなビジネスが生まれていくかなど、MaaSビジネスにかかる人はもちろんのこと、自身の働く業界にどのような影響を及ぼす可能性があるのかを知りたい人にもおススメの一冊です。
お客様ニーズとリソーセスの最適化。マッチングは大変難しいので、ロードマップには次の指標も加えたい。

「配車計画のリードタイム」

① 月次・週次: 需給 計画配車+動態管理(臨時便や再計画)
② デイリー計画配車(予約など)
③ オンデマンド成り行き配車
④ リアルタイム全体最適配車

着眼点は、お客さまニーズへのフレキシブルな追従
アプローチは、計画リードタイムを短縮し、ジャストインタイム配車を追及。異常発生時のリカバリーコストを最小化。

フレキシブルなニーズには①より④が良い。
需要量が確定できる範囲は①も良いが、相乗りや乗り継ぎなど、ITを使い倒せば④が求められて来ると思います。

ステークホルダーは、需要と供給 2極に収斂されますが、記事にある様に 潜在需要の精度アップや、インフラを含めた供給改善と多様なステークホルダーとの連携が活発になると思います。
MaaSアプリで行うことのメリットとしては、ユーザーを特定してポイント付与することができることだ。
誰がどの時間帯にどの経路で移動しようとしているかという情報を基に必要なユーザーに対してポイントを付与することで、必要最小限のポイント原資で交通の需給調整が可能となる。
また、その施策に対してどの程度のユーザーが行動変容したのかがデータ連携できることから、インセンティブ量が適切であったのかなど、施策の妥当性を評価できる🤔