新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
紹介されている10万円超のハイエンド以外に、3〜5万円以下のローエンド機種も複数メーカーから発表されています。
日本でもChromebookを選べる状況になってきた。数年前は殆ど選択肢が無かったので。
Chromebookに10万円なんて、と言われそうですが、10万円出したい人が簡単に買える事が、Choromebokの普及には必要かなと思う。

記事には「あえて」と書かれていますが、プライベートな用途であれば、多くの人にとって過不足ないもの。3年前のRAM 4GB、低スペックなRockchip CPU、価格は5万円前後のChromebookでも大きな問題はありません。
多タブ、複数アプリの起動、マルチウィンドウなど、ローカルの処理では難がある。ハイエンドのandroidゲームは、恐らく最低のグラフィック設定を推奨される。
もう少し用途の幅を広げて、快適さを求める人には、ASUS
先日のアマゾンのプライムデーで以下が89,800円だった。素晴らしいコスパ。メモリー8GB足せばパフォーマンスもすこぶる良い。

LG ノートパソコン gram 999g/バッテリー約22.5時間/第10世代 Core i3/14インチ/メモリ 8GB/SSD 256GB/Thunderbolt3/ダークシルバー/14Z90N-VR32J (2020年モデル)
https://www.amazon.co.jp/dp/B083WR4VL2/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_0W6LFbHAAAKHY
価格は10万8909円で、Chromebookでも比較的高価格帯の製品になるそうです。

「ASUS JAPANのシステムマーケティング部長のシンシア・テン氏は、記者向け説明会の中で、文部科学省が主導している「GIGAスクール構想の影響で、同社のChromebookの出荷台数が倍以上になっている」と話していた。」
学校でChromebookを使う子供達が増えれば、家でも使いたいというケースも出てきそうですね。
この金額ならMacBook Air買います。